1. 「知識・人脈・考え方」を深めよう!ITエンジニア向けの勉強会に参加する3つのメリット

「知識・人脈・考え方」を深めよう!ITエンジニア向けの勉強会に参加する3つのメリット

by Ian Sane
 勉強会とは社会人が集まり、テーマ内容について一緒になって勉強したりそれを通じて交流するイベントです。専門的な内容を学ぶものから、趣味レベルとしての学び、異業種交流会の様なものまで様々なタイプが催されています。共通するのは職業や年齢問わず様々なタイプの人と学び、関われる事です。ITエンジニアはやや専門性の強い職種である為、勉強会に参加する事でそれ特有のメリットを得られます。

【1】仕事に役立つ知識が学べる

 ITエンジニアは自分が扱う技術の知識だけでなく、請け負った仕事に関する業務知識や業界知識も必要になる事があります。例えば証券会社のシステムの仕事を行なうのであれば、IT面の技術だけでなく証券とはそもそもどういうもので、どういった業界事情で、使うお客が何を求めているか等が見えてこないと良い仕事は出来ません。

 ですが、こういった部分はエンジニアの仕事をしているだけでは十分に見えてこない場合が多いので補填する知識や経験が必要になります。書籍やインターネット等の情報から調べ学ぶ方法もありますが、それだけでは表面上の事しか見えてこず十分に把握するには実際に働いている人の知識や意見を取り入れる事が大切です。

 勉強会に参加する事で、他業界の人がどういった知識や考えを持っているかが見えてくるため、そこから自分の仕事のヒントとなる知識を得られる可能性があります。

【2】考え方が豊かになる

 ITエンジニアは専門性が強い職種のため、どうしても考え方がその職種やその業界特有な物になりがちです。ITエンジニアは上で述べた通り様々な業界の仕事に携わらなくてはならない場合があるのと、物を作る仕事でもあるので時には柔軟な発想や臨機応変な考え方が求められる事があります。

 物事や仕事に対する考え方というのは業種や業界が変わればまた違ったものとなり、勉強会で他業種や他業界の人と一緒に学んだり意見を出し合う事で幅広い考え方が吸収できます。そうすることで仕事に対する考え方が豊かになり、発想の転換が必要な場面等に役立ってくるはずです。また刺激にもなり仕事に対しての意欲も増えるはずです。

【3】人脈が広がる

 ITエンジニアに限った事ではありませんが、なかなか仕事をしていると人脈というのは作りにくいものです。仕事上で人脈が広がる事もありますが、それは接点に仕事がある為、深く親しい人脈とならない事が多いです。こういった勉強会では多種多様なタイプの人と仕事に縛られず交流できる為、内容豊富な人脈が比較的自然に作れる事があります。この様にできた人脈は仕事やプライベート様々な点で自分にメリットを与えてくれるはずです。


 勉強会に参加するとこの様なメリットがあります。これらのメリットは勿論ITエンジニアだけに限った事ではないと思うので、どんな仕事をしている人であっても参加して損はないかと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する