1. 説明下手の人はここに注意!言いたいことが伝わる話し方のコツ

説明下手の人はここに注意!言いたいことが伝わる話し方のコツ

by Thomas Tolkien
 筋道だった話をしようとしても、なかなか上手にできない人はいます。説明下手な人は何に注意すればいいのでしょうか。分かりやすい説明をするためのコツを紹介します。 

結論から話す

 上手な説明は結論が分かりやすいです。結論をしっかりと認識してもらうには一番最初に結論を話しましょう。結論をまず話すことで、聴き手に話の着地点が伝わります。着地点が分かっていれば、込み入った話も繋がりが分かりやすいのでやすやすと聞けます。

 説明の最後には、初めに話した結論をもう一度話すと有効です。中身があまり伝わっていなくても、とりあえず結論が伝わっていればある程度の意思疎通は図れます。

例え話を入れる

 難しい話は、そのまま話してもなかなか伝わりません。そのような場合は、適度に例え話を入れましょう。たとえ話は、聴き手が良く知っている話題に絡めると分かりやすいです。聴き手がどんな人か分からない場合は、どんな人にでもわかる例を出しましょう。また、たとえ話は長すぎてもいけません。あくまでわかりやすくするための補足であることを忘れないでください。


 いかがでしょうか。上手に説明するためには、できれば本番前に話すのが有効です。口に出してみることで、頭の中でも内容が整理されるので、話しやすくなります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する