1. 書いてみれば筋道が分かる!説明下手を克服する方法

書いてみれば筋道が分かる!説明下手を克服する方法

by Aaron Escobar
 仕事ではしばしば他人に説明をする機会があります。しかし、何をどのような順番で話せばいいのか分からず、上手に説明できない人もいるでしょう。説明下手な人は、どのようにして克服すればいいのでしょうか。

いいたいことを一行で紙に書いてみる

 説明が下手な人は、自分でも何を言いたいかわかっていないことが多いです。そのような人は、まず自分が一番言いたいことを一行にまとめてみてください。言いたいことをシンプルに表現できれば説明もスムーズにできるようになりますし、それを考える過程で説明のプロセスもまとまるはずです。

フローチャートにまとめてみる

 それでもどのように説明したらいいか分からない人は、一度説明の流れをフローチャートにまとめてみましょう。先ほど考えたまとめを終点に、そこにたどり着くために言わなければならないことをまずは羅列してください。次に、言うべきことを伝わりやすい順番に並び替えれば説明の流れが完成するのです。


 説明が下手な人は事前の準備を徹底することでカバーすることができます。慣れてくるとこれらの手順が自然に頭の中で行えるようになるので、面倒でもはじめは紙に書いて実践してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する