1. 上司から言われたことを忘れない!「記憶術」を身につける上で読んでおきたい本3選

上司から言われたことを忘れない!「記憶術」を身につける上で読んでおきたい本3選

 仕事でミスをしないためには、細心の注意を払いながら仕事をすることはもちろんのことですが、いかに言われたことを記憶しておくかということも大切です。仕事の内容や言われたことをきちんと記憶するためには、どうすれば良いのでしょうか?「記憶術」を身につけるために読んでおきたい本を紹介します。

1. 「1分スピード記憶」勉強法

 最初に紹介するのは、『「1分スピード記憶」勉強法』です。この本は、「1分スピード記憶勉強法」という手法を基に、記憶術を身につける方法を紹介しています。仕事だけでなく、英単語などスキルアップにも役立つノウハウが載っているので、記憶術の入門編としてはオススメの一冊です。

2. 記憶力日本選手権チャンピオンが教えるスーパー記憶術

 次に紹介するのが、『記憶力日本選手権チャンピオンが教えるスーパー記憶術』です。この本は、小学4年生までクラスのビリだったけれど、高校数学で全国1位をとった人が、これまでに培ってきた記憶術を惜しげも無く披露してくれます。

 「12ケタ数字完全暗記1秒」など様々な手法が紹介されているので、楽しみながら読み進めていくことができるでしょう。

3. ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由

 最後に紹介するのが、『ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由』です。この本は、歴史的な観点から「記憶術」について語られています。また、1年で記憶力の全米チャンピオンになった人の体験談や行ったことなども載っているので、様々な知識を吸収できるでしょう。

 全米でベストセラーになった話題作ですので、一度手に取って読んでみると良いかもしれません。

 以上、「記憶術」を身につける上で読んでおきたい3冊を紹介してきました。「記憶術」は自分一人で身につけるのが難しいので、ここで紹介した本を読みながら、少しずつ力をつけていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する