1. 自己を振り返れば選択はできる!いざというときに役立つ決断力を付ける方法

自己を振り返れば選択はできる!いざというときに役立つ決断力を付ける方法

by *Light Painting*
 決断力がなくて困っている人は多いでしょう。しかし、いざ決断力をつけようと思ってもどうすればいいか分からないのではないのでしょうか。決断力を身に着けるには、自分のことを考えてみると良いでしょう。

自分の好きなことを考える

 判断力をつけるためには、自分が好きなことをハッキリさせてください。決断を迫られたら、自分の好きなことに一番近いのはどれかを考えればいいのです。予め自分の中で物差しを決めておくことで、決断が楽になります。 

 同様の方法で、嫌いなことを明確にするという手段もあります。自分の嫌いなことと一番かけ離れたものはどれかを考えるのです。

客観的な指標を考える

 数値化できる情報があるのなら、それを基に判断を下すのも有効です。自分で決断ができないのなら、だれが見てもわかる客観的な指標から判断を下せばいいのです。数値化できる基準がないのなら、要素を相対化して客観的な指標を設けるのも手です。どうにかしてすべての選択肢を数値化して、それで決定を下すのです。


 いかがでしょうか。決断力は本人の意識一つで大きく変わります。自分を見つめなおすことで決断力は上昇します。なかなか決断できない人は試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する