1. ライバルに差を着ける!情報収集をする上で英語ができることがメリットになる3つのこと

ライバルに差を着ける!情報収集をする上で英語ができることがメリットになる3つのこと

ライバルに差を着ける!情報収集をする上で英語ができることがメリットになる3つのこと 1番目の画像

 情報社会がさらに進む現代。誰しもがスマートフォンやタブレット端末を携帯し、新しい情報を手にしている。

 ビジネスパーソンが、英語の情報収集スキルが求められることも少なくない。


 本記事では、英語を学ぶことで、情報収集をするときに得られるメリットについて紹介しよう。

英語で情報収集するメリットとは

 英語で情報収集をするメリットを以下に説明する。

【英語の情報収集メリット①】世界の情報を瞬時に得られる

 最近ではインターネットの普及により、世界のどの国の情報も瞬時に得ることができる


 英語を通して世界中の情報をみれることは、最大のメリットだろう。

 英語ができないと、翻訳されるのを待たなくてはいけないだけでなく、微妙にニュアンスが変わってしまうデメリットがある。

 海外の生の情報をタイムリーに得るためには、英語ができた方が得なのだ。

【英語の情報収集メリット②】英語のビジネス書が原文で読める

 良くビジネスマンが読むようなビジネス書やノウハウ書などは、海外の人が書かれているものも多い。


 ビジネス書を原文で読めたら、作者が意図することも正確に伝わる。

 一度翻訳を介してしまうと、文化の違いなどを考慮して、日本人に合わせて多少変えられてしまう可能性がある。

 世界で通用する情報を得るためにも、英語の原文を読むことをおすすめしたい。  

【英語の情報収集メリット③】英語を使ったコミュニティに所属できる

 英語ができれば、それだけ会話ができる人が増えることになる。

 世界の多くの人は英語を勉強するので、英語ができれば世界中の人と話す可能性が広がるのだ。

 日本にいて海外の情報を全て得るのは難しいだろう。英語を覚えれば、それだけ所属できる世界が広がる。

英語で情報収集うるメリット

  • 世界中の情報を瞬時に得られる
  • 英語のビジネス書が原文で読める
  • 英語を使ったコミュニティに所属できる




 本記事では、英語で情報収集をすることのメリットについて紹介してきた。

 国際化も進み、海外の人も日本にたくさん来るようになった。英語で情報収集ができれば、さまざまな場面で役に立つだろう。

 ぜひ、英語で情報収集することを目標に頑張ってほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する