1. ライバルに差を着ける!情報収集をする上で英語ができることがメリットになる3つのこと

ライバルに差を着ける!情報収集をする上で英語ができることがメリットになる3つのこと

by eilonwy77
 情報社会がさらに進む現代。誰しもがスマートフォンやタブレット端末を携帯し、新しい情報を手にしています。今回は英語を学ぶことで情報収集をするときに得られるメリットについてみていきましょう。

1.世界の情報を瞬時に得ることができる!

 最近はインターネットが普及した世の中ですから、英語を学んでおけば、世界のどの国の情報も瞬時に得ることができるというのが最大のメリットだと思います。英語ができないと誰かが翻訳をするのを待たなくてはいけませんし、翻訳ですと微妙にニュアンスが変えられているような時もあります。海外の生の情報をタイムリーに得るためにはやはり最低でも英語ができた方がメリットがあるでしょう。

2.英語で書かれたビジネス書などが原文で読める!

 良くビジネスマンが読むようなビジネス書、ノウハウ書などは海外の人が書かれているものも多いです。良書だと聞いて読んでみても、翻訳のしかたが悪いのか、ひょっとしたら直訳しすぎて日本語のニュアンスを上手に表現していないのか、読んでみても心に響いてこないという事あります。

 そんな時に原文で読めたら、作者が意図することも正確に伝わってきますし、なにより良書を翻訳を待たずに読むことができますので、あなたのライバルに差をつけることができる可能性大です。情報とはやはり速く得たものが勝ちますから、できるだけ英語は勉強して、できれば原文もすらすらと読めるようにしておくと後々役に立ちそうです。

3.海外の取引先などがいればそこからの情報収集もしやすい!

 もしあなたが海外のかたと取引などをされてコミュニケーションを取られている環境にあれば、ちょっとしたスモールトークで海外の重要な情報なども得ることができることもあるでしょう。やはり日本にいては海外の情報を全て得るのは難しいかと思います。

 また海外の人だからこそわかる、海外情報や海外情報だけではなく日本の情報もあるのです。このようなことを考慮しますと、やはり英語はできないよりはできたほうが色々とメリットがありますね。


 今回は英語を学ぶことで情報収集をするときに得られるメリットについてみていきました。国際化も進んできていますし、海外の方も日本に沢山来られるようになりました。色々なところで役に立つと思います。社会人になって勉強をするのはなかなか時間もとれなくて大変かと思いますが、頑張ってみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する