1. もうチェックした?いつでも情報収集ができるバツグンのスマホアプリ6選

もうチェックした?いつでも情報収集ができるバツグンのスマホアプリ6選

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 ビジネスマンは情報が命。少しでも質の良い情報をたくさん集めたいもの。しかし、ただでさえ時間がない中、全て読むのは至難の業です。そんな人の心強い味方がニュースアプリ。スマートフォンに入れておきたい、ニュースアプリを紹介します。

話題の情報を知ることができるアプリ

SmartNews

 たった一分でTwitterのつぶやきをリアルタイムで解析し、「今、人々が話題にしているニュース」を、快適なインターフェイスで配信しています。政治経済からエンタメまで、話題のニュースを知れるアプリです。圏外でも読める「Smartモード」を使えば電波の届かない場所でもニュースが読めます。デザインやレイアウトも洗練されており、新聞を読むような感覚でペラペラとページをめくれます。

5tabNEWS

 5tabNEWSは、複数サイトの斜め読みに最適なアプリ。ニュースサイトを5つのタブに表示させ、ニュース記事を閲覧できます。見出しをタップすれば、記事の一部が表示。さらに「元記事」ボタンをタップすることで、元記事の全文を読むこともできます。

Flipboard

 Fileboardは自分だけのニュースマガジンが作れるアプリです。操作感が何より特徴的で雑誌をめくるようにパラパラと読めます。記事カテゴリーは科学やIT、ビジネスなどです。

自動要約・収集してくれるアプリ

Gunosy

 Gunosyはユーザーの利用者のSNSアカウントを分析し、興味のある欲しい情報を見つけてくるアプリです。ユーザーがどの記事を見ているかを学習し、使えば使うほど精度の上がる賢さが特徴です。

 特にRSSや全てのニュースを細かく読む時間がない人にオススメしたいアプリです。気になるキーワードを登録しておくと、毎日朝刊・夕刊の2回に分けて、おすすめのニュースをまとめて通知してくれます。FacebookまたはTwitterアカウントがあれば、誰でも登録・利用することができます。

Vingow

 vingowはニュースを自動要約してくれるアプリです。忙しい人でも気になる記事を押さえておくことが出来ます。登録も簡単で、興味のあるタグをフォローするだけで自分好みのニュースを読みやすくまとめてくれ、使えば使うほどユーザーの好みを学習します。

Antenna

 Antennaは自分好みの情報を集められるおしゃれなキュレーションアプリです。ユーザーは元から厳選されたサイトから好みのジャンルを選ぶだけです。雑誌感覚で、気になるテーマに沿って情報収集できます。配信記事は、一日500件以上とかなり豊富。読みきれない人は、気になる記事を「クリップ」して保存すると、自分だけの「クリップブック」が完成します。また、興味・関心の近い利用者がまとめた「クリップブック」をフォローしておくと、わざわざ自分で探さなくても、自分の欲しい情報が手に入るので便利です。


 最近は新しいニュースアプリがどんどん登場しています。それぞれにコンセプトがあり、収集してくれる情報も異なります。用途に合わせて使い分けるといいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する