1. きちんと剃っていますか?ビジネスマンがひげを蓄える際の注意点!

きちんと剃っていますか?ビジネスマンがひげを蓄える際の注意点!

by Misserion
 ビジネスをする上で、第一印象が重要ですが、その後のやり取りを決める重要な役割があります。第一印象で、服装や身だしなみが乱れているなあと感じてしまった場合には、重要な仕事を任せるにはどうかと危惧してしまうこともあるでしょう。ビジネスにおいては、見た目というものも重要なポイントの一つになるのです。今回は、外見の印象をつける1つのひげのマナーについて、考えてみます。

相手に不快な印象を与えるものかどうかを基準に考えましょう。

 社会人になったら、絶対にひげを生やしてはいけないというわけではありません。そのビジネスマンの働く環境、ビジネスの相手となる取引先、職種などによっても、ひげを生やしていても許されるのか、許されないのかということが決まると思います。

 例えば、ビジネスの取引先となる相手に対して、自分のひげがどのような影響を及ぼすのかということを考えることも大切です。清潔感が絶対に必要な職種、例えば、工場で食品を扱う仕事などでは、ひげはあまり好ましいものではありません。食品の下降中に、食品内にひげが入ってしまう危険があります。

 また、区役所、銀行の窓口など、身だしなみが厳しく制限されているような職場環境では、ひげは生えている時点で、上司や先輩から注意を受ける可能性が高くなります。ひげが生えている理由についても、考えてみるといいかもしれません。ただ単にそるのを忘れただけというひげの管理では、相手があなたの外見を見た際にも、だらしないという印象しか持たない可能性があります。

自分の働いている環境で活かせるか

 ひげもきれいにお手入れをしながらはやしている人もいます。そういった場合には、その人が働いている環境では、ひげが生えていることで、何らかのプラスに働いていることが多いのです。

 例えば、美容師やアパレル関係の職種の人たちは、ひげを生やすこともファッションのひとつとして考えていますので、お手入れもきちんと行い、清潔感のあるひげを保っているのです。また、大学の教授や先生と呼ばれる職種の人たちなども、ひげを生やしていることが多くあります。これは、ひげが生えていることで、威厳などを表す意味もあり、ひげを保っている場合があります。


 上記のような、特別の場合を除けば、ひげはきれいにそっておいたほうが、ビジネスマンにとっては無難かもしれません。どちらにしても、清潔感が感じられなければ、自分にとっては、何のメリットもないどころか、マイナスに働いてしまうこともありますので、注意をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する