1. 工夫次第でやれることはたくさん!通勤時間でできる英語勉強法

工夫次第でやれることはたくさん!通勤時間でできる英語勉強法

by Bert Kaufmann
 英語の勉強を始める人が増えてきました。しかし、そこで問題になるのが勉強時間の確保です。ここでぜひ試したいのが、通勤時間帯での英語の勉強です。

参考書は暗記を中心に

 英文で書かれた参考書を読むのが最もオーソドックスな勉強法です。しかし、姿勢が不安定な通勤中は長文を読んだり文字を書いたりするには適していません。問題はゆっくりできるところで解いておいて、間違えた箇所をまとめたメモを復習するといいかもしれません。

人が少ない時はリスニングだけでなくシャドーイングも

 英文のリスニングも、通勤中にできる有効な勉強法です。英語の発音に慣れるだけでも、スピーキングや語句の暗記に大きな違いが出ます。

 リスニングの効果を高めるためには、読まれる英文に合わせて自分で発音してみると良いでしょう。口も動かすことでますます英語が体になじみます。とはいっても、混雑した車内では難しいので、人気が少ないときにに試してください。

車内広告で単語勉強

 単語の暗記は英語を勉強する上ではかかせません。教材を持っていないときは、覚えた単語を思い出す練習をしてはどうでしょうか。何でも、一度覚えただけではすぐに忘れてしまいます。電車内の広告などを見て、出来るだけ英語に訳してみると単語を思い出すことができるので、定着率が上がります。


 いかがでしょうか。通勤中にできる英語の勉強はいろいろあります。上記を参考に、皆さんも自分に合った勉強法を編み出してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する