1. "短時間睡眠"を重ねることが効果的!?「睡眠不足」を解消するために日頃からできる3つのコト

"短時間睡眠"を重ねることが効果的!?「睡眠不足」を解消するために日頃からできる3つのコト

 忙しいビジネスマンともなれば、睡眠時間の確保ですら難しくなるものです。仕事に対する責任感から睡眠時間を削ってまで仕事をしてしまいがちですが、ちゃんと睡眠をとらずに仕事をすると、うっかりミスや勘違いが増えてしまい、仕事の質を大きく落としてしまいかねません。

 十分な睡眠をとってコンディションを万全の状態に整えるのも、ビジネスマンの大事な仕事の一つです。忙しさを言い訳にしていても事態は改善しません。睡眠不足を解消するための努力をして、健康と仕事の両立を目指しましょう。今回は、ビジネスマンが「睡眠不足」を解消するために日頃から意識すべきことについて解説します。

1. 短時間睡眠を重ねる

 睡眠はある程度まとまった時間でとらなければ、意味が無いと長年信じられてきましたが、最近の研究で短時間睡眠を重ねることでも長時間睡眠とそん色のない効果があることがわかりました。夜にしっかり睡眠時間を確保するのが理想ですが、様々理由でまとまった睡眠時間の確保が困難な場合は、日常生活のちょっとした時間を睡眠にあてましょう。

 通勤電車の中や昼休み、仕事の空き時間など、短い睡眠を何度も繰り返すだけでも十分に疲労回復効果は期待できます。ぐっすり眠ることが難しくても、目を閉じて体をリラックスさせているだけである程度の回復効果は期待できるでしょう。10分単位、5分単位の短時間睡眠を意識して生活することが、慢性的な睡眠不足の解消につながります。

2. 睡眠の質を高める

 貴重な睡眠時間なのに、就寝を妨害されるようなことがあっては台無しになってしまいます。睡眠をとる時は睡眠を阻害する要因を遠ざけ、充実した睡眠がとれるように準備することが大切です。

 部屋を暗くする、頭の形に合った枕を用意する、温かい布団で眠る、携帯電話の電源を切る、寝る前に軽い運動をする、マッサージをしてから眠る等、ちょっとした工夫をするだけで睡眠の質は大きく上がり、短時間でも上質な睡眠をとることができます。

3. 食事に気を配る

 睡眠に大きく影響するのが食事です。消化に悪いものを食べたり睡眠を妨害する成分を含む食品を摂取したりすると、いざ睡眠をとろうと思ってもなかなか寝付けずに、貴重な睡眠時間を有効活用できなくなってしまいます。

 消化に悪い油ものは控えましょう。消化に時間がかかるといつまでも胃の中に内容物が残ってしまい、胸が苦しくて眠れなくなってしまいます。お茶やコーヒーに含まれるカフェインは、覚せい作用があり摂取すると、なかなか眠れなくなる成分です。睡眠前はお茶やコーヒーの摂取は控えてください。


 睡眠時間の確保が難しくても、様々な工夫で睡眠不足を解消することは可能です。少し努力をするだけで睡眠不足をうまく解消することができるようになり、コンディションを整えて仕事をこなすことができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する