1. 早起きで仕事が変わる!朝が苦手な人に試してほしい早起きの方法

早起きで仕事が変わる!朝が苦手な人に試してほしい早起きの方法

by Takashi(aes256)
 朝活という言葉がはやったように、朝の時間を有効に使えれば仕事をさらに効率よく進めることができます。しかし、なかなか早起きができないという人も多いでしょう。今回は朝が苦手なビジネスマンでも簡単に「早起き」ができるようになる方法をみていきましょう。

夜更かしせずに早く眠る

 夜は夜更かしせずに早く眠りましょう。人は22時~2時に成長ホルモンが分泌され、傷んだ細胞も修復されます。この間にきっちり寝ておかないと眠りも深くなりにくく、結果早起きできなくなるのです。人にもよりますが、理想的な睡眠時間の目安は8時間なので、これを確保するためにも早めに床に就きましょう。

東向きのカーテンを開けておく

 東向きのカーテンを開けておくのもの一つの手です。太陽は東からのぼるので、東向きのカーテンを開けておけば日光が寝室にさしこんできます。日の光を受けて早く起きることができるのです。もし東に窓がない場合には、南や北でもかまいません。できるだけ、自然の日光が部屋に入るように工夫をしてみましょう。目覚ましの音で目覚めるより、日光で自然に起きた方が気持ちもよいです。

バナナや牛乳を摂る

 睡眠を誘うセロトニンというホルモンを分泌させるのも有効です。セロトニンのもとになるトリプトファンを含むバナナや牛乳を摂取しましょう。セロトニンが多く分泌されると、気持ちの良い眠りにつきやすくなります。


 今回は朝が苦手なビジネスマンのための早起きの方法を紹介しました。最初は大変ですが、慣れてくればなんてことはありません。早寝早起きの生活習慣を目指してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する