1. 大切なのは"教わる"のではなく"盗む"コト!仕事で「成長」する人だけが知っている仕事術

大切なのは"教わる"のではなく"盗む"コト!仕事で「成長」する人だけが知っている仕事術

 優秀なビジネスマンほど、仕事を通じて自分を高める仕事術を持っています。上司から与えられる仕事を何も考えずにこなしているだけでは、どんなに頑張っても自分を高めていくような働く方はできません。

 仕事を自分の成長につなげるためには、仕事の仕方に工夫をしたり。仕事を新たな視点からとらえたり、といった仕事術が必要になります。今回は、仕事で成長する人だけが知っている仕事術について解説します。

仕事は盗んで工夫する

 仕事を謙虚に学ぶ姿勢は重要ですが、教えられたことをやっているだけでは成長することはできません。上司や先輩の仕事ぶりを観察し、どのように仕事をこなしているかという技術を盗んで初めて自分の成長に役立てることができます。

 教えられた仕事のやり方は基本形であり、自分なりにカスタマイズして初めて有効な仕事術になるのです。上司や先輩が実行している仕事の工夫を盗むことができれば、自分の仕事の効率をさらに改善させることができるでしょう。

 盗んだ技術に自分なりの改善を加えることで、更意に技術は自分にふさわしい形に進化します。与えられるのを待つだけではなく、自分から積極的に仕事を盗む積極的な姿勢が重要です。

嫌な仕事を率先してやる

 嫌な仕事や苦手な仕事は、できれば避けたいものですが、成長につながるチャンスは嫌な仕事の中に程隠れているもの。嫌な仕事は、自分にとって経験したことのないものに触れる良いきっかけです。単に苦手を克服するためだけではなく、自分の新たな可能性を発見することにもつながるでしょう。

 嫌な仕事も工夫次第で快適にこなすことができるようになります。仕事の質を追求することが自分自身の成長に繋がり、仕事の幅を広げる結果に結びつくのです。

交流会には目的を持って参加する

 ビジネスマンには人脈を築くための努力も必要ですが、交流会への参加はきちんと目的を持って参加するようにしましょう。目的を持たずに交流会に参加してしまっては、自分にとって意味のある繋がりを生み出すことは出来ません。

 ですから、どういった人との繋がりを求めて交流会に参加するのか、明確にしておき、そういった人達が集まらなそうであれば参加は見送った方が懸命です。貴重な時間を無駄にしないためにも、目的を持って交流会に参加しましょう。

 

 優秀なビジネスマンの仕事術とは言っても、どれも簡単な努力ですぐに実行できるものばかりです。小さな努力を積み重ねるのが最大の仕事術であり、未来の可能性を切り開きます。楽で簡単な道ばかり探さずに、地道な努力を重ねることが成長のきっかけになるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する