1. 知りたいと思う心が成長の一番の原動力!ビジネスに勉強が欠かせない理由

知りたいと思う心が成長の一番の原動力!ビジネスに勉強が欠かせない理由

by Tom Wolf | Photography
 大学を卒業して社会に出てからは、勉強とはご無沙汰の人も多いのではないでしょうか。しかしよくよく周囲を見渡してみると、通勤中に英語を勉強したり、朝活に励む人が多いことにも気付くはずです。彼らはなぜ社会に出てからも勉強が必要だと考えているのでしょうか。

知識をつけることでこれからの時代に対応できる

 常に時間は流れています。今、知っていることや出来ることだけをしていては、いつかは手詰まりになってしまうでしょう。これからの時代に対応するためには、絶えず自己をアップデートさせなくてはならないのです。

 では何を勉強すればこれからのビジネスに役立つのでしょうか。それは誰にも分かりません。ただ、アンテナを張り巡らせて時代の動向を感じておくことで、新しいアイデアを求められたときに対応できるようになるのは確実です。自分の仕事にかかわる知識は常に収集しておいて損はありません。

 また、イメージを文字にして伝える文章力や、パソコンで分かりやすいプレゼンテーションを行う能力など、アウトプットの手段を拡充するのも有効です。身に着けた知識を披露する手段が増えれば、それだけ多くの場で活躍するチャンスが広がります。

好奇心を持ち続けることで成長する

 学生時代の勉強は、一定以上の成績を残して社会に出ることが目的の一つでした。しかし、ビジネスマンの勉強にゴールはありません。ビジネスマンの勉強は、これまで知らなかったことを積極的に知ろうとする行為です。この心は、成長していくために必要不可欠です。

 なぜなら、新しいことを知りたいという思いこそが成長へのモチベーションの原動力だからです。例えば、英語の文法を少し覚えたら、次はそれを活かすために単語をたくさん知りたいと思うでしょう。それが実現したら、次はそれを発揮できる場に行きたいと思うでしょう。このように、何かを学べぶことで新たな欲望を喚起され、それを繰り返すことで人は新たなステージに立てるのです。


 いかがでしょうか。毎日、同じことしかしていないと感じる人は何か勉強をしてみてはどうでしょうか。どんなに小さなことでも構いません。自分の興味に正直になることから始めてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する