1. まずは「しっかり情報を把握」すること!ビジネスマンが効率よく情報収集をするための3つの手順とは?

まずは「しっかり情報を把握」すること!ビジネスマンが効率よく情報収集をするための3つの手順とは?

by G.OZCAN
 情報化社会と言われる現在において、ありとあらゆる情報が巷には溢れていますが、必要な情報をピックアップすることはビジネスマンが円滑に業務を進めるための必須条件と言っていいでしょう。的確な情報をいち早く取り入れる術を身につけることは、他人より一歩二歩先を進む手立てにもなりうります。そこで、ビジネスマンが効率よく必要な情報をするコツを考えてみましょう。

1.ビジネスに必要な情報を把握する

 人によって必要な情報は違います。まず自分の仕事で必要な情報がどんなものか、自分である程度把握しておきます。これは情報過多になることにより、情報を取捨選択する時間をなるべくとらないようにするための事前準備です。直接自分の業務に関係することはもちろんのこと、仕事には直接関係はないものの話題にはなりそうなこと、例えば営業職ならば営業相手の好みに関わる分野などの最新情報など、場合別に情報の分野をざっくりと分類するといいかもしれません。

2.どの程度詳細な情報が必要か

 必要な情報の種類を把握した後は、それぞれの分野についてどの程度の情報が必要か把握します。直接自分の仕事に関わる分野であれば、より深く信頼できるソースを明らかにした情報が必要ですし、営業先で話の繋ぎに話題を振るような場面で使いたい情報については、それほど詳しい情報は必要ありませんが、いち早い情報の方が相手の聞く耳を惹きつける可能性が高いでしょう。少しでも話題を振ることができれば、詳しい相手が熱心に話してくれるケースが多いので、そこで知らない情報を興味深く聞くことによって相手の印象をよくできるかもしれません。

3.どのような媒体から、どのように情報を収集するか

 効率のいい情報の収集にインターネットは欠かせないアイテムです。一般的なニュースであれば専用のアプリを活用し移動中などに目を通すことは可能です。しかし、自分が欲しい情報だけをピックアップするという点で非効率な場合もあります。

 そんなときに利用したいのが分野別のニュースサイトです。多くはツイッターやフェイスブックを併用して新着ニュースの到着を知らせる機能もありますので、自身のツイッターやフェイスブックをポータルサイトのように活用することで、見出しだけを確認し、気になった記事だけをサイトなどで確認することができます。この方法ならサイトを巡回することなく記事の概要を確認することができるので、必要な情報を時間をかけずに選ぶことができます。


 必要な情報を効率よく発見したあとは、その情報をどう管理するかも重要になります。必要度に応じてwebクリップなどのアプリなどを活用するなど、あとからいつでも確認できるように環境を整えておくことによって、手間がかからず検索しやすい情報管理ができるでしょう。ビジネスの現場で直ぐに活用できるよう、日頃からどのような情報がどの程度必要か意識することが肝心です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する