1. 突然の葬儀にも慌てない!前もって知っておきたい冠婚葬祭のマナー

突然の葬儀にも慌てない!前もって知っておきたい冠婚葬祭のマナー

by Takashi(aes256)
 葬儀に呼ばれた際のマナーは知っていますか?祝いの席ならある程度事前に連絡がありますが、不幸の席は突然訪れます。そんな時に慌てないように葬儀の場でのマナーを紹介します。

持参するのは黒く、小さいバッグ

 冠婚葬祭には、黒いバッグにお布施入れに入った香典、数珠、ハンカチが入れて持っていきましょう。女性ならば、そこに財布や化粧品などを入っているのが普通です。あまり目立たない小さいものを使用します。遠方での式の場合、キャリングケースを持ち込むのは止めましょう。

 男性の場合、香典は、お布施入れに入れて、数珠は、ポケットに入れてバッグは持たない人もいます。しかし、フォーマルウェアのポケットが膨れているのはあまり良くないので、目だたない小さくて黒いセカンドバッグがあると良いでしょう。

入場のマナー

 男性の場合は、小さいバッグをどのように持てばいいか分からない人もいるでしょう。受付に行く前にお布施入れに入れた香典と数珠をバッグから出しておき、数珠は右手にかけ、お布施入れとセカンドバッグを前に持つのが正解です。

 受付では一礼してお悔やみを言って、脇にセカンドバッグを置かせてもらい、香典おぼんの上に両手でのせます。そして、お布施入れをたたみ、セカンドバックを前にもち一礼して受付を後にします。


 冠婚葬祭の場での所作は多くの人の目に触れます。こんなときこそビジネスマンとしてのわきまえが必要になるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する