1. もしかしたら自分に原因があるかも…?上司の態度が「冷たい」と感じた時にとるべき行動

もしかしたら自分に原因があるかも…?上司の態度が「冷たい」と感じた時にとるべき行動

 上司と部下の関係は仕事をする上で重要なものですが、必ずしもうまくいくケースばかりではありません。中には上司を冷たいと感じてしまうこともありますし、信頼してよいのかどうか戸惑ってしまうようなことも考えられます。

 もし、あなたが上司のことを冷たいと感じてしまった場合、その感情を放置していては信頼関係を築いていくことなどできません。出来る対処をしっかりとすることが人間関係の構築に繋がり、上司との信頼関係を結ぶカギになるのです。今回は、上司が冷たいと感じたときにすべきことについて解説します。

冷たいと感じた原因を認識する

 上司に対処する方法を考える前に、確かめておかなければならないことがあります。あなたはなぜ上司を冷たいと感じたのでしょうか。何か具体的な言葉や行動があったのか、言葉の端々に冷たさを感じたのか、仕事の進め方が冷たかったのか、こちらの意見を取り上げてもらえなかったのか、何か具体的なものがあったから上司のことを冷たいと感じたはずです。

 ただ漠然と冷たいと感じているのなら、あなたの単なる思い込みかもしれません。まずはあなたがなぜ上司を冷たいと感じてしまったのかという理由を再確認する作業から始めてください。上司という人間に関係することですから、思い込みや早合点で行動することは慎まなくてはいけません。焦らずにしっかりと冷たいという感情を、最初に抱いた時のことを思い出し、その後の行動に当てはまるところはないかを確認してください。

合理的理由を探す

 上司のことを冷たいと感じてしまった理由を認識したら、今度はその理由について考えてみましょう。あなたにとっては冷たく映る行動であっても、上司には何か理由があってしていることかもしれません。仕事で情けを見せないのは、利益を上げるために必要な行動ですし、部下に冷たく接するのは馴れ合いを嫌ってのことかもしれません。

 あなたが冷たいと感じる行動でも、合理的理由のもとに行われていることであれば、正しいのは上司の方です。勝手な思い込みで人の印象を決めてしまうことは、社会人としてだけではなく人間として恥ずべき行為です。相手の印象を決めつける前に、相手の事情を効力する態度を示してください。

付き合い方を考える

 たとえ冷たい上司だったとしても、仕事に支障が無ければ問題はないですし、こちらの一方的な印象だけで非難することはできません。冷たい上司だと感じたら、まずは同僚に相談し、何か上司の行動に問題はないかを確かめましょう。

 もし冷たさを感じているのがあなただけであれば、あなたの勝手な思い込みで冷たいと感じたのか、あなただけが嫌われているかのどちらかです。前者なら何も対応を変える必要はありませんし、後者なら嫌われている理由を見つけ出し、改善する努力が求められます。


 仮に上司が冷たい人物だったとしても、仕事をするうえで実害が無ければ大きな問題とは言えません。冷たい行動が仕事に支障をきたしているのであれば、さらに上の人間に報告して対処を求める必要がありますが、そうでない場合はあなたが歩み寄る必要があるかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する