1. 評価の分かれ目は事後対応!上司の指示を無視してしまったときの対処法

評価の分かれ目は事後対応!上司の指示を無視してしまったときの対処法

by Celine181
 仕事をしていれば上司から色々な指示を受けます。しかし、忙しさのあまり、結果としてその指示を無視してしまったことはないでしょうか。指示を無視してしまったとき、どのような対処をとるべきか紹介します。

指示に従えなかったことを直ちに詫びる

 上司から受けた指示に従わなかったことは重大なミスです。まずはミスをを反省し、素直に詫びることが大切です。見て見ぬふりしてやり過ごそうなどという考えは持つべきではありません。

 後で大事になったら、あなたの立場は非常に悪いものになってしまいます。直ちに申し出ていれば簡単に修正が出来るかもしれません。対応は早急であればあるほどいいので、躊躇する暇があるならすぐに行動に移しましょう。

被害の拡大を食い止める

 自分の不備を上司に謝ったところで、問題そのものは何も解決していません。指示を無視したことで起こり得る事態を早急にリストアップし、それを未然に防ぐ作業に奔走してください。

 被害が大きくなりそうな事態から順番に、なるべく早く処置を施しましょう。焦る気持ちもあると思いますが、ダメージを最小限に食い止めるよう冷静に対応してください。

同じミスを起こさないためにはどうすべきか考える

 事後のフォローを何とか終えた後には何をするべきでしょうか。それは、今後同じようなミスを生まないための方法を考えるべきです。何が原因で上司の指示に従えなかったのか、どうすればそのミスは起こらないようにできるのかを具体的に考えてください。

 それができたら、上司に進言するのもよいでしょう。妥当な改善策を提案し、あなただけではなく仲間が同じミスを起こさないように、職場全体におけるリスク回避力の向上を促すのです。


 失敗は起きないように努めるのが基本ですが、いざ起きてしまったときには迅速かつ真摯に対応することが大事です。上司の命令の無視は、ありがちですが重大な失敗です。事後対応をしっかりしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する