1. 「過去のトラウマ」引きずっていませんか?上司との関係で悩んだ時に考えるべき3つのこと

「過去のトラウマ」引きずっていませんか?上司との関係で悩んだ時に考えるべき3つのこと

by flatworldsedge
 1度思いがけない失敗をしたりすると、それが"トラウマ"となり記憶に残ってしまうこともあります。それが上司との関係でのトラウマだと、仕事をすることが億劫になったり、人間関係に支障を来たします。今回は上司との関係がうまくいかないときにトラウマを改善する方法についてみていきましょう。

【1】上司との関係がうまくいかないと悩み過ぎない

 お互い人間ですから、自分とソリが合う人と、ソリが合わない人がいると思います。ソリが合わないのはたまたまであって、あなたの人間性が問題では全くありません。

 中にはあなたを全否定するようなひどい事をいうような上司もいるかもしれませんが、それはその上司が人間ができていないだけのこと。上司との関係がうまくいかないのは、ただあなた一人の責任ではありません。相手(上司)があっての事です。

 真面目な人ほど自分が悪いんだと思って悩んでしまいがちかと思いますが、どうかトラウマにせず、こういうこともあるんだと学びに変えるように思考を変えてみてください。

【2】客観的に状況を見る

 上司も人間ですから、その時々の感情もあるでしょう。家族でケンカをしたりして機嫌が悪い日にたまたまあなたの失敗が目について怒られるという事もあると思います。

 またあなたが上司が求める仕事ができていないと自分で感じているのでしたら、どうしたらいいかと相談してみてはいかがでしょうか。おすすめの本などを紹介してもらえるかもしれませんし、何か上司なりの対策方法をアドバイスしてもらえるかもしれません。あなたが苦手と思い込んで、うまくいかない、あの上司を避けたいと思えば思うほど関係はどんどん悪くなっていきます。以心伝心というものもありますからね。客観的に状況を見て、対処をする努力が必要でしょう。

【3】同僚に相談してみる

 客観的に自分では見ることができない場合は、上司とあなたを良く知っている同僚に1度、相談してみてはいかがでしょうか。傍から見ていたら状況が良くわかっているかもしれませんし、あなたが考えていなかった視点でアドバイスをくれることもあるかもしれません。

 ただ注意したいのがあくまでも前向きな視点で相談すること。ただの上司の愚痴になってしまった場合それが上司の耳に入ることも考えられます。あくまでも、上司との関係を改善したいという風に相談を持ちかけてみると良いでしょう。


 いかがでしたでしょうか。今回は上司との関係がうまくいかないときにトラウマを改善する方法について見てみました。参考にしてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する