1. 仕事を辞めたい気持ちは本物?辞められない仕事を抱える人のための2つのチェック項目

仕事を辞めたい気持ちは本物?辞められない仕事を抱える人のための2つのチェック項目

by Robb North
 「仕事を辞めたいけれど、どうしても辞められない。」会社に勤めていれば、誰しも経験があるのではないでしょうか。このような状態が続くと、心身に異常をきたすことも少なくありません。そうなる前に、一度自分の気持ちを整理することが必要になりそうです。

【1】辞める決断をするときかどうかを考える

 退職の時期に関わらず、今それを決める時期なのかどうか、と考える人はあまりいないかもしれません。それは、自身の精神状態によっては的確な判断ができない場合があるからです。その場合、周囲の意見に耳を傾けることが出来ないので、重要な判断をすることは得策ではありません。

 それが気分が落ち込んでいる時期なのか、気分が上昇している時期にあるのかは人によって違うため、日頃から自分の判断力がどんな精神状態のときに鈍るのか意識しておく必要があるでしょう。

 勢いや一時の感情で先走って考えてはいないか、辞めたいと何度も考えているうちに、なぜ辞めたいと思ったかが分からなくなる場合があります。実は、辞めたいと思ったきっかけを辿ると、小さなことが原因だったりもするのです。今の精神状態を自分自身を客観的な視点から見ると、後で「勢いで辞めたけど辞めなきゃよかった…」と後悔することも少なくなるでしょう。

【2】辞めるという決断をする前に、リセットしてみよう

 「仕事を辞めたいけれど辞められない…」というループから抜け出せず、今がその判断をするのに良い時期なのかどうかの見極めまで、考えが至らない場合もあるかもしれません。そんなときはもう1度、考えを頭から切り離し、自分の状況を客観的に見つめる必要があります。

 仕事上の憂慮がある場合は、周囲に相談するのも有効な手です。しかし、仕事の進退の悩みを職場の仲間にするのは気がひけるでしょう。職場に適切な相談相手が身近におらず、日常生活に支障をきたすようなことがあれば、親や大切な人などに相談するのもいいと思います。


 仕事を辞めたくても辞められない理由は人それぞれあるでしょう。生活に直接影響のあることです。適切な時期に、後悔のない判断ができる状態か、自分自身の状態を見極めることが重要でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する