1. 短期間でスキルアップを目指す!尊敬する上司の"仕事術"を盗む3つのテクニック

短期間でスキルアップを目指す!尊敬する上司の"仕事術"を盗む3つのテクニック

 仕事の実力を上げる一番の近道は、優れた仕事術を盗むことです。盗むというと誤解を招くかもしれませんが、盗作や複製をつくれということではありません。

 尊敬する上司や優れた技術を持つ人物の仕事術を学び、その仕事術を自分のものにするのか仕事術を盗むということです。仕事術を盗むには、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。今回は、尊敬する上司から仕事術を盗む方法を紹介します。

1. スケジュールを確認する

 仕事ができる人は、スケジュールを上手に組んでいるものです。尊敬する上司のスケジュールを目にする機会があったら、どのようにスケジュールを組んでいるのかチェックしておきましょう。

 仕事術におけるスケジュールとは、時間のマネジメントに他なりません。限られた時間を有効に使い質の高い仕事をするためには、短い時間で最大の成果が出せるようなマネジメントが必要になります。

 尊敬する上司ともなれば、ジャストタイムマネジメントなどの仕事術を用いてスケジュールを組んでいるもの。上司のスケジューリング技術を盗んで、より良いスケジュールが作成できるようになりましょう。

2. 仕事の手順を確認する

 仕事術の基本的な考えとしては、確実に仕上げられる手順で仕事を進める、ということが重要になります。どんなに仕事のスピードが速かったとしても、確実性に欠ける仕事をしていては信頼を失いかねません。尊敬する上司なら確実に仕事をこなす技術を持っているはずですので、上司がどのような手順で仕事を進めているのかをよく観察し、効率の良い手順を盗みましょう。

 何気ない行動が、仕事の効率化に大きく関わっていることもあります。メモ一枚、電話一本で仕事の確実性を高めることもあれば、順番を変えるだけでミスの発生を防げるケースも珍しくありません。

 何も考えずに目の前の仕事を片付けているだけでは、質の高い仕事とは言えません。効率の良い仕事の手順を見つけ出すのが仕事術ですので、上司の技術を盗んで自分の成長に役立ててください。

3. コミュニケーションをチェックする

 尊敬する上司は部下とのコミュニケーションも欠かさないもの。どんなタイミングで、どのようにコミュニケーションをとっているのかをしっかり観察すれば、人間関係を良好にするための仕事術を盗むことができます。

 コミュニケーションはうまく用いれば人間関係を良好にしますが、タイミングや接し方を誤れば信頼を大きく損なってしまいます。上司がどのようにコミュニケーションを取っているのかをチェックして、コミュニケーション術を盗んで下さい。



 昔から、職人は仕事を学ぶのではなく盗んで身につけるもの、といわれてきましたが、それはそのままビジネスマンの仕事術にも当てはまります。積極的に盗んだ仕事術は、単に学習するよりも深いレベルで自分の実力となり、自由自在に使いこなせるようになるでしょう。

 尊敬する上司の仕事術を盗むことが出来れば、あなたの仕事ぶりも上司に一歩近づきます。努力を忘れずに、どんどん仕事術を盗んでいきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する