1. 座席の予約でもう手間をかけさせない!出張時の"マメ知識"として知っておきたい新幹線の予約方法

座席の予約でもう手間をかけさせない!出張時の"マメ知識"として知っておきたい新幹線の予約方法

 出張準備で絶対に忘れてはいけないのが、交通手段の手配です。交通手段の手配を忘れてしまうと出張自体ができなくなってしまいますから、出張の予定がきまったら真っ先に交通手段の手配をしましょう。

 出張に新幹線を利用する場合は、特に早めの予約が必要になります。出張日程が旅行シーズンや休日と重なってしまう場合、新幹線の予約はすぐにいっぱいになってしまうかもしれません。今回は、出張の予約で知っておきたい、電話で新幹線を予約する際のやり方とポイントについて解説します。

JR西日本の電話予約サービス「おでかけネット」を利用する

 新幹線切符にはいくつかの種類があり、購入方法も複数存在します。一番確実に電話予約できるのは、JR西日本の電話予約サービス「おでかけネット」です。JR西日本の電話予約サービスは、JR西日本、九州、四国エリアの列車の指定席予約が可能なサービスで、専用の番号に電話して予約の手続きを行えば、みどりの窓口やみどりの券売機、宅配などの方法でチケットを受け取ることができます。

 ただし、予約できるのはJR西日本、九州、四国エリアの列車のみですので、注意が必要になります。

えきねっと

 JR東日本が提供している会員サービス「えきねっと」に加入すれば、携帯電話やスマートフォンから国の新幹線やJR特急列車の指定席きっぷを申し込むことができます。空席照会もできるので、乗車予定の列車に空席があるかどうかを確認してから申し込むことが可能です。えきねっとを活用すれば、満席で再度申し込みを求められるような心配はいりません。

 えきねっとの電話予約は、オペレータを通じての予約ではなく、ネット経由の申し込みになります。インターネットなどを経由して申し込みを行うので、固定電話からの申し込みはできません。

旅行代理店

 旅行代理店を通じて、新幹線の切符を予約することも可能です。代理店で購入する場合、予約は代理店が提供するサービスであり、JRとは一切関係のないサービスになります。そのため、予約に関するルールも各社ごとにばらばらですので、キャンセル料の取り扱いなどにも違いがあります。

 また、新幹線の予約を取り扱っている代理店ばかりではないので、予約を申し込んでも断られてしまう可能性があります。代理店の予約は多くの場合、仮予約扱いなので、予約後速やかに入金を求められます。当日清算などは不可能なので、あらかじめ代金を用意しておきましょう。


 JRが直接提供している新幹線の音声による電話予約サービスは電話予約サービス「おでかけネット」のみであり、えきねっとはネット経由、代理店は独自サービスとなっています。お出かけネットはJR西日本、九州、四国エリアの列車のみのため、東日本と東海の新幹線については JRが直接提供している新幹線の音声による電話予約サービスはありません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する