1. どんな距離感が理想?新入社員が心がけたい上司との接し方

どんな距離感が理想?新入社員が心がけたい上司との接し方

どんな距離感が理想?新入社員が心がけたい上司との接し方 1番目の画像
by Yoozigen
 働くうえで必ず付いて回る悩みが人間関係です。特に上司との距離や接し方は誰もが一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。上司へどのような接し方をするのがいいのか、考えていきましょう。

目指すべきは、仕事の話が気兼ねなくできる関係

 とりあえず目指すべき上司との距離感は「仕事に関しては気兼ねなく話ができ、あとはちょっとしたことを話せる」という状態です。相談や報告がきちんとでき、個人的な話を笑顔で話せると良いでしょう。

 そのためには、笑顔で明るく元気でいることです。そうすることで接しやすい印象を与えることができます。逆に話しかけても笑顔がなく、冷たい反応をするような人には誰も話しかけたいと思いません。

 素直さも大切です。自分が知らないことには分かったふりをせず、「申し訳ありません、どういう意味でしょうか、勉強させてください」と一言断って素直に聞きましょう。謙虚な姿勢は上司にもよい部下に映ります。

上司のことを知ろうとする姿勢

 人は自分のことを知ろうとしてくれる人に好意をもちます。仕事をしていく中で、上司と休憩中に談笑したり食事をしたりすることがあると思います。その時にはしっかり上司を観察しましょう。そういった観察がいざというときの気配りに生きてきます。ただし、気に入られようとばかりしても、見抜かれてしまうので注意が必要です。

尊敬の心を忘れずに

 慣れてくると、気さくにコミュニケーションが取れるようになるでしょう。しかし、それでも尊敬の心は忘れないでください。謙虚に、素直に接することが上司に好かれる一番のコツとも言えます。上下の立場の差があるということを忘れないでください。


 上司だからと言って必要以上にかしこまる必要はありません。時には自分から話しかけたりして、適度な距離感を持てるようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する