1. 決めつけずに動いてみよう!何もしない上司と働くときの意識の持ち方

決めつけずに動いてみよう!何もしない上司と働くときの意識の持ち方

by Nick-K (Nikos Koutoulas)
 自分が忙しくしているのに、上司が何もしないと思えて、つい気になることはないでしょうか。部下にだけ仕事をさせて、理不尽な上司だと思うこともあるでしょう。何もしない上司と働くときにはどういう意識で働けばいいのでしょうか。

上司にも上司の仕事がある

 人の事は本来、気にする必要はありません。基本的には、上司が何もしてくれなくても気にせず自分の仕事を進めてください。

 そうはいっても、アドバイスの一つもしてくれない上司に不満を感じてしまうのも仕方ありません。しかし、上司には上司の仕事があるのです。上司の仕事というのは、部下の仕事に責任を取ることです。なので、表面的には何もしていないように見えることもあるのです。「もしかしたら裏で頑張っているのかも」と考えて、自分の仕事に専念してください。

相談するときは予め時間を確保する

 そうはいっても、やはり上司の意見が必要な時もあるはずです。そんな時は、上司が声をかけてくれるのを待つのではなく、自分から相談しに行きましょう。しかし、色々言い訳してなかなか相談に応じてくれない上司もいるかもしれません。

 そんな時に大切なのは、あらかじめ要件と所要時間を明らかにしたうえで相談の約束を取り付けることです。そうすれば、上司も嫌々でも話を聞かざるを得なくなります。重要性を強調しておいて、最低限必要な部分には必ず上司の意見を貰えるようにはしておくべきです。


 上司の仕事ぶりが気になるということは、自分の本分に集中していないのかもしれません。まずはやるべき事をしっかりとすることです。一見サボってばかりに見える上司でも、実際にそうとは限らないということを理解する必要があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する