1. 無能と決めつける前に!デキない上司とうまく関わるために考え直したい3つのこと

無能と決めつける前に!デキない上司とうまく関わるために考え直したい3つのこと

by JD Hancock
 無能な上司とは何かというと、大切な仕事になると深く関わろうとしなかったり、大切な伝達事項を伝える事が出来なかったりや、その他にも各職場において無能な上司はいるでしょう。その上司が査定をする立場なら上手く付き合って自分の評価を上げる事も大切になってきます。そんな無能な上司とうまく付き合う方法とはどんなことでしょうか。

1.無能な上司を陥れようとすれば自分の評価も下がる

 無能な上司がする事にいちいち腹を立て、その上司を陥れようと考える人たちもいるかも知れません。しかし上司の失敗は部下であるあなたの成績にもつながってきます。上司が嫌いでも、その上司と仕事をしなくてはいけない場面においては上手く上司を利用して仕事を完遂させる事が自分の高評価に繋がります。

 無能な人間というのは、誰が見ても分かります。必ず、上司の上司はそのような行動を見ています。そんな無能な上司と一緒に仕事をして、成功させた時には部下の手助けがあったのだと誰が見ても分かります。

 上司を陥れようと考えるよりも、自分の評価を上司とともに上げることを優先に考えて仕事を進めて行けばいちいち腹を立てる事もなくなるでしょう。

2.無能な上司だからこそ利用する

 無能な上司といえど、会社の上層とのパイプ役にはなるはずです。自分の提案したい事があるけれど、部下のあなたが提案したのでは却下される可能性がある場合には、その上司を利用してみましょう。うまく上司と付き合うとはどんな事かを改めて考えてみて、利用できる場合は利用する事もうまく付き合う一つの方法です。

3.仕事とプライベートをはっきり分けて考え、付き合う

 職場では無能な上司のレッテルを貼られていても、プライベートではとても良い人だったりする場合があります。仕事で不満を感じる上司とプライベートで付き合うのが嫌な場合は、完全に職場だけの付き合いと割り切っても良いと思います。

 プライベートでは趣味が合ったり、相談に乗ってくれたりして頼りになる人の場合は仕事とプライベートでのその人の扱いを変えて付き合うのも良いと思います。無能な上司と自分で勝手に判断してしまっている場合もあります。

 一緒にお酒を飲んだり遊んだりしているうちに、その人の良い部分が見えてくる事もあります。人間同士の付き合いをする事でその人の本当の良さという物が分かる事もあります。


 無能な上司とうまく付き合うためのコツは自分自身で見出して行く事が大切だと思います。本当に無能な上司も世の中にはいますので、その判別をする力を身に付ける事も社会人にとっては必要なスキルなのかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する