1. 誰でも読書スピードは上がる!今日からできる速読トレーニング法

誰でも読書スピードは上がる!今日からできる速読トレーニング法

by Eduardo Loureiro
 本を早く読みたいと考えている人、いませんか?そんな人が試したいのが速読です。速読に才能は必要ありません。トレーニングさえすれば、だれでもできるようになるのです。

トレーニング1:目次・見出しに注目

 速読では素早く内容をとらえることが重要です。そこで強い味方になってくれるのが目次や見出しです。ここに注目すれば、本の全体像が把握できるからです。読書を始める前に目次で全体の流れを押さえておきます。自分が今読んでいる章の見出しを常に意識しながら読んでください。

トレーニング2.:文章を塊でとらえる

 一文字一文字読んでいては、理解のスピードは遅くなります。文字ではなく、文章を塊でとらえると読書スピードは一気に上がります。そのためには、本の全体を見るようにしましょう。2、3行ずつ読んでいく感覚で文章を把握する訓練をしてください。

新聞での練習が有効

 これらのスキルを高めるためには、新聞が有効です。新聞は文章の流れが決まっており、見出しにも法則性があるため、見出しから内容を読み進める練習になります。また、1行当たりの文字数が少ないので、文章を塊でとらえるのも楽です。まずは新聞で練習してみてはどうでしょうか。


 いかがでしょうか。速読はトレーニングを積めば確実にできるようになります。少しずつ段階を高めていって、素早く情報をキャッチできるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する