1. パワハラ上司に屈しない!職場の上下関係が苦手だという人の対処法

パワハラ上司に屈しない!職場の上下関係が苦手だという人の対処法

パワハラ上司に屈しない!職場の上下関係が苦手だという人の対処法 1番目の画像
 仕事をしていく中で、上司との関係に悩む人も多いだろう。

 上下関係の悩みの苦手意識は、自分の意識から変えていくことで克服できることもある。

 ここでは、仕事の上下関係に対する苦手意識の対処方法を紹介する。

上から命令されているという感覚を無くす

上司との関係は思ったより平等

   上下関係が苦手な人の多くは、上司が言ったことは絶対だと考えているのではないだろうか。
 しかし、上司も指示を出すときに絶対に部下に服従して欲しいなどとは考えていない場合がほとんどだ。
 もし上司の指示に不満や、疑問点がある場合は、率直に行ってもいいと考え、命令されているという意識をなくそう。

最低限のコミュニケーションを図る

挨拶やホウ・レン・ソウは怠らないのがマナー

 日本では上下関係があって当たり前だという風潮が根強く残っている。
 そのため、上下関係が苦手であっても強要されるケースは多い。その場合、苦手意識を克服するよりも、最低限のコミュニケーションでやりすごしてしまう方がいいだろう。
 仕事で理不尽な指示が出ても、ビジネスマナーを守り、しっかりとコミュニケーションを取っていれば、あとは、指示通りに動かなくても結果が出ていれば大抵の上司には怒られない。
 挨拶やホウ・レン・ソウなどの、最低限のコミュニケーションに注力してみるといいのではないだろうか。


 ここでは、職場の上下関係に対する苦手意識への対処方法を紹介した。根強い上下関係は、なかなか無くならないものである。

 自分の中で割り切って行動することが、1番の解決方法といえるのではないだろうか。

パワハラの悩みは転職で解決!働きながら転職活動するなら「リクルートエージェント」

パワハラ上司に屈しない!職場の上下関係が苦手だという人の対処法 2番目の画像

 日々の多くの時間を過ごす職場だからこそ、上司からのパワハラや複雑な人間関係には悩まされたくない。

 パワハラだと感じてしまうくらいに職場で圧力を感じているのであれば、我慢をせずに、違う職場を探すのも一つの手だ。上司のパワハラに悩んだら、「リクルートエージェント」で転職しよう。

 転職成功実績No.1を誇る「リクルートエージェント」なら、日々忙しく働く社会人でも転職活動を進めることができるサービスが充実している。

 土日祝日・平日20時以降も電話面談や相談を受け付けているほか、履歴書・職務経歴書の添削や年収交渉のサポートまで行ってくれる。

 気持ちよく働くために、まずは「リクルートエージェント」で無料登録して他の職場を検討してみよう。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する