1. 「最近の若者は…」と言う前に!敬語が使えない部下に対する指導法

「最近の若者は…」と言う前に!敬語が使えない部下に対する指導法

 部下に対してビジネスマナーを教えることも、上司の務めになります。特に、言葉遣いや敬語の用法などは、自分の企業だけでなく、相手の企業にとっても迷惑がかかる恐れがあるため、気をつけたいところでしょう。ここでは、敬語が使えない部下に対しての指導方法を紹介します。

語彙を覚えさせる

 敬語が使えない部下に多いのが、どのような言葉が敬語なのかがわかっていない場合です。この場合ですが、敬語では、どのような言葉遣いをするのかということを、語彙として覚えさせる必要があるでしょう。普段聞き慣れないものなので、意識的に覚えさせることが重要です。

使い方を覚えさせる

 敬語の使い方がわかっていない場合も多いでしょう。目上の人に対して謙譲語を使ってしまったり、自分に対して尊敬語を用いてしまう場合があります。敬語の使い方がわかっていない部下に対しては、どのような人に使うのが正しいのかをきちんと理解させるために、整理して覚えてもらうことが重要なのではないでしょうか。

一度失敗させる

 敬語の重要性がわかっていないことも部下が敬語を使えない要因となるでしょう。こういった部下は、なかなか指導してもうまくいきません。一度、社内外を通じて、敬語の使い方に関して失敗することで、部下も敬語の重要性がわかるのではないでしょうか。上司としては、失敗してもいいように、フォローの体勢を整えることをしておきましょう。


 ここでは、敬語が使えない部下に対しての指導方法を紹介しました。敬語についての知識が足りていない場合が多いです。きちんとビジネスマナーを守ることができる部下を育成しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する