1. 出張時の移動コストを押さえよう!飛行機の予約をする3つの方法

出張時の移動コストを押さえよう!飛行機の予約をする3つの方法

by PhoTones_TAKUMA
 遠方への出張や長期滞在となる出張の場合、飛行機の費用や宿泊費が高額になる恐れがありますが、これらの費用は予約時のちょっとした工夫で減らせる場合があります。費用を減らせれば会社側も助かり、一定額の旅費を貰える職場であれば費用を減らせれば自分の財布が潤います。そこで今回は、費用を減らせる可能性のある予約方法を紹介します。参考にしてみましょう。

1. 先行予約する

 殆どの航空会社では、早く飛行機を予約する事で利用料金が安くなるサービスがあります。JALでいうと「先得」というサービスになります。こういったサービスは減額率が非常に高く、シーズンや目的地等によっても異なりますが、場合によっては半額以上の減額が出来る事もある為、使うに越した事はないです。早ければ早いほど優待される場合もあるので、出張がきまったら出来る限り早く予約するのが望ましいです。

 ただし、航空会社により予約後は取り消し自体が出来なかったり、利用日間近の取り消しや変更の制限が厳しい等、予定が不確かな場合は使い勝手が悪く、また出張日程は会社や先方の都合で変更になる恐れもあるため、その点は注意が必要です。

2. ツアー予約する

 出張費用を減らすにはツアーに予約するのも一案です。ツアーは航空券と宿泊施設の費用がセットになっているものが多く、またそれぞれを普通に予約する場合より拡大に安い事が多いです。場合によっては半額かそれ以上の費用に抑える事も出来ます。

 ツアーは基本的に旅行をする人向けのものですが、添乗員付きのツアー等でなければ出張で使っても何の問題もありません。それがだめという会社も少ないはずです。だだし、注意点は、ツアーの場合も予約の取り消しや変更には厳しい制限がある事が多いです。出張日程が不確かであったり、出張先でも移動があり宿泊施設を固定できないといった場合等は注意が必要です。

3. 社員特典を利用する

 会社によっては、社員であれば提携している航空会社の飛行機の費用や、提携しているホテルの宿泊費が割安になる事もあります。こういたサービスを使用するのも一案です。

 この様に予約の方法で費用を抑えられる可能性があり、この他にも方法はまだまだあると思います。経費の管理は仕事の一部でもあるので、飛行機や宿泊施設の予約一つにしてもしっかりと予算を考えて段取りするのが望ましいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する