1. 部下の仕事をきちんと把握しよう!部下のマネジメントにおいて意識しておくべきポイント

部下の仕事をきちんと把握しよう!部下のマネジメントにおいて意識しておくべきポイント

by Wolfgang Staudt
 部下を管理しなければならない立場にある人間にとっては、部下を管理することは重要なことであり、部下の管理を行うことによって仕事の円滑化を図ることが可能となるのですが、その管理を行うのは大変なものです。ここでは、部下のマネジメントで特に管理しておくべきポイントについて述べていきたいと思います。

1. 部下の力量をしっかりと把握する

 まず、部下のマネジメントで特に管理しておくべきポイントとしては、部下の力量をはっきりと把握することです。部下がどれぐらいの能力があるかによって、おおよその仕事量や作業のペースが分かるものです。

 部下の仕事のペースなどが分かれば、部下に足りないものを把握出来るなど、部下のマネジメントをしやすくなるのです。そのため、まずは部下の能力をしっかりと把握することが大事になってくるのです。

2. 部下の報連相をしっかりと見極める

 次に「報連相」をしっかりと見極めることも大切です。報連相からは色々な情報を報告してもらうのですが、部下は必ずしも必要なを提供してくるとは限りません。部下は報告の際に、都合の悪い点を隠していたり、言わないといけないことを忘れてしまっていることがあります。

 そうなると上司としては、なんとかして、本当は言ってほしい情報を探らなければならないのであり、その時にいかに相手から情報をうまくひき出せるかどうかが試されるのです。うまく情報を読み取ったり引き出せることで、未然に大きな問題になることを防止するだけでなく、新たな発見や修正ができる端緒の発見となるため、この場面はマネジメントには非常に重要となるのです。

 そこから、よいアドバイスや管理を行うことができるのですから、報連相の際には、部下の情報や報告態度など様々なことからいろいろなことを読めるようにすることで部下のマネジメントをするポイントになるのです。

 以上が、部下のマネジメントで特に意識しておくべきポイントです。上司は部下をマネジメントし、会社の基盤というべき人材を育てていかなければならないのです。やらなければならないことをきちんと把握し、取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する