1. ダメな部下は当てはまる!?上司が認識する「使えない部下」が持つ特徴

ダメな部下は当てはまる!?上司が認識する「使えない部下」が持つ特徴

 上司がいるビジネスマンは、上司から良い評価をもらい、円滑なコミュニケーションを図る必要があると言えるでしょう。使えない部下だと思われないためにも、自分がどのように仕事をしているのかを見直す必要があるのではないでしょうか。ここでは、上司が認識する使えない部下に共通する特徴を紹介します。

やる気がない

 仕事に対してのやる気がない部下は使えない部下だと思われても仕方がありません。やる気が無いというのは、仕事の取り組みや、コミュニケーションからわかるものです。やる気があるということを上司に示すためには、日頃の業務にしっかりと取り組む必要があるでしょう。

仕事を覚えない

 同じことを何回教えても一向に覚えない人に対して、上司が思わず「使えない部下」だと認識してしまうこともあります。仕事を覚えさせるのは上司の責任でもありますが、1度言った内容を繰り返していると、非効率で、仕事を教える立場から見ても、使えないと感じてしまう原因になります。メモを取るなどの工夫をして、仕事をしっかりと覚えましょう。

態度が悪い

 態度が悪いせいで上司に嫌われてしまい使えない部下のレッテルを貼られてしまう場合もあるでしょう。上司の評価基準は、仕事の出来だけでなく、部下とのコミュニケーションも含まれている場合があります。ビジネスマナーを守るという意味でも、礼儀を守ったコミュニケーションを取りましょう。


 ここでは、上司が認識する使えない部下に共通する特徴を紹介しました。部下として、上司から良い評価を得るためには、ここで紹介したような特徴に当てはまらないように心がける必要があるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する