1. 組織に欠かせない人材はこうして生まれる!責任感の強いマネージャーを育成するために研修が果たす役割

組織に欠かせない人材はこうして生まれる!責任感の強いマネージャーを育成するために研修が果たす役割

by U.S. Army Corps of Engineers Los Angeles District
 組織運営をしていく上で、重要な役割を担うのがマネージャー職です。マネージャーとは、業務のマネージメントを行う職業であり、現場と経営の懸け橋となる重要な役職になります。

 マネージャーには管理職として、部下を管理する仕事だけでなく、現場を統括する人間として一定の成果を出す責任が求められます。責任重大な仕事ですが、すべての人が最初からマネージャーに必要な責任を自覚しているとは限りません。

 マネージャーとしての人材育成に欠かせないのが研修です。適切なマネージャー研修を行うことで責任と自覚が生まれ、マネージャーとして多くの人材を管理するのに、ふさわしい知識やスキルを身につけることができます。今回は、責任意識の強いマネージャーを育成するために「研修」が果たす役割について解説します。

主体性の育成

 マネージャー研修では、自ら考え行動するために必要な主体性の育成を目指します。主体性を身につけることで、部下としての働き方から管理職としての働き方へと頭を切り替えることが可能になり、状況に応じて適切な判断ができる判断力と速やかに決断を下せる決断力を身につけることができるのです。

 マネージャーの業務は、マニュアルにまとめられるような画一的な内容ではなく、常に変化する状況に応じて、最適の判断をその場で下しながら決断をしていかなければならない業務です。マネージャー研修では、刻一刻と変化する状況に流されず、主体的に行動出来る力を身につけることができます。

経営者視点

 一般社員とマネージャーの一番の違いは、経営者視点を持っているか、という点にあります。マネージャーは一般社員とは違い、経営者視点を持って業務にあたることが求められます。なぜ経営者視点が必要なのか、それはマネージャーが一般社員と経営者の間にたつ役職だからに他なりません。

 経営者視点を習得することで、一般社員をどのように管理すべきかということを管理すべきかという問題を経営者の立場から考えることができるようになり、より効率よく管理業務を遂行することができるのです。また、マネージャーを取り巻く環境を経営者視点から捉えることで最適の判断が下せるようになり、業務をより良い形に改善していくことができるでしょう。

育成技術

 マネージャーは部下をただ管理するだけではなく、より優れた人材に成長するように指導・育成していかなければなりません。研修で、部下をどのように指導していくべきかという育成技術を習得することで、人材育成に必要な基本的スキルを獲得することができるでしょう。


 どんなに優れたマネージャーも、最初から優秀なマネージャーだったわけではありません。研修を受けてスキルを磨くことでマネージャーに必要なスキルを習得し、立派なマネージャーへと成長していったのです。

 研修は優秀なマネージャーを育成するためには必須です。より良い人材を育成するためにも、研修を効果的に活用してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する