1. 最高の"ポテンシャル"を発揮させる!チームのマネージャー職に求められる具体的な仕事内容

最高の"ポテンシャル"を発揮させる!チームのマネージャー職に求められる具体的な仕事内容

by bortescristian
 チームが最高のポテンシャルを発揮して活動するためには、優秀なマネージャーが必要です。優秀なマネージャーに率いられるチームは、最高のコンディションを保ちながら活動することができ、必要な人材を適切に配置することで、最高のパフォーマンスを発揮します。

 マネージャーが無能であれば、チームはポテンシャルを発揮することができず、せっかくの優れた能力を活かすことができません。チームのマネージャーが担うべき役割とは、一体どのようなものなのでしょうか。今回は、チームのマネージャー職が行うべき具体的な仕事内容について解説します。

人材配置

 マネージャーが担うべき最も重要な役割が、チームの人材配置です。チームの人材状況をチェックし、必要な部署に必要なだけ人材を配置することで、理想的な人材配置が実現し、最小のコストで最大のパフォーマンスを発揮することができます。

 また、人材が不足しているときには必要な人材を補充するのもマネージャーの重要な仕事です。必要な人材を過不足なく配置し、業務の円滑な進行を補償することがマネージャーの果たすべき仕事になります。

 実際の現場では、シフトやスケジュールなどで人材配置を行いますが、時間と労働力との関わりから最適の配置を見出すタイムマネジメントを導入すると、より効果的な人材配置が実現するでしょう。

人材育成

 マネージャーは与えられた人材をただ管理するだけではなく、より優れた人材への成長を促さなければなりません。人材育成ができないマネージャーは、業務効率をいつまでたっても改善することができず、仕事の成果も全く上がらなくなってしまいます。

 人材育成は、企業の屋台骨を支える人材を生み出すための重要な仕事内容です。人材育成の得意なマネージャーは、優れた指導者としての名誉を受けることになり、より大きな信頼を獲得できるでしょう。

業務改善

 業務に潜む問題を見つけ出し、原因を分析して解決策を見つけ出すのもマネージャーの重要な仕事内容の一つです。マネージャーが業務改善を実現すれば、仕事の効率が改善されるだけでなく、労働環境も大きく改善されることになります。

 業務改善に実力を発揮するマネージャーのもとで働く部下は、より良い職場環境で働くことができるため、会社に対する忠誠心が増し、より高いモチベーションで仕事に向かうようになります。


 マネージャーの行うべき仕事内容を一言で表すとすれば「責任」ということになるでしょう。マネージャーは、現場が最高のパフォーマンスを発揮して仕事ができるように努力するのが仕事であり、担うべき大きな責任ということになります。

 優れたマネージャーは部下の成長を促しながら仕事の改善を重ね、企業の発展に大きく貢献します。マネージャーに求められる役割をこなしながら、常に改善の意識を持って仕事に当たるのが、良いマネージャーになるための方法と言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する