1. もったいないミスを減らそう!仕事のケアレスミスを防止するために意識すべきこと

もったいないミスを減らそう!仕事のケアレスミスを防止するために意識すべきこと

 仕事において、どんなに注意を払っていても起きてしまうのが、ケアレスミスです。つまらないミスをしてしまうと、どんな仕事でも、出来が悪く見えてしまうものでしょう。ここでは、仕事中のケアレスミスを防止するために意識すべきことを紹介します。

チェックを怠らない

 ミスをしないように注意を払っていても、仕事中にミスをしてしまうことは防ぎきれません。ミスを防ぐためには、仕事が完了したあとのチェックが重要になります。チェックをする時間がもったいないと思う気持ちもわかりますが、しっかりとチェックをしたほうが、のちにミスを直すためにかかる時間を考えても、時間の短縮になるということを覚えておきしょう。

マニュアルを作る

 普段当たり前のように行っている作業であっても、分かりきっていると思ってもマニュアルを作ることによってケアレスミスは減ります。作業の流れに沿う形でマニュアルまとめておき、仕事中に確認できるようにしましょう。仕事をしていると、無意識のうちにケアレスミスをしている事があります。マニュアルを確認しながら仕事をすることで、このような無意識のうちのケアレスミスも減るでしょう。

仕事に集中する

 仕事中に他に気をとられている事は多いものです。たとえば、業務をしている中で、別の案件の考え事をしていたり、または、次の仕事の段取りを考えている場合は、ケアレスミスを連発しやすいのではないでしょうか。段取りや考え事は、別に時間を設けて、仕事に集中できる環境を整えましょう。


 ここでは、仕事でケアレスミスを防止するために意識すべきことを紹介しました。ケアレスミスを減らすためには、仕事に集中し、自分の仕事を冷静に見直すことが重要です。ミスを無くし、仕事の効率化を図りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する