1. 最短距離で目標を達成しよう!目標達成の方法において知っておくべきこと

最短距離で目標を達成しよう!目標達成の方法において知っておくべきこと

by Armando Maynez
 仕事にしろ個人的な事にしろ、目標を設定してその期限が決まっているような場合には、早い段階で目標達成をしておきたいものです。そのためには、決まった期日までに必ず達成できるような方法を確立しておくことが必要になります。そのためには何が必要になってくるのでしょうか。

1. まずは予定を立てる

 目標達成までの期日が決まっているような、なるべく早い段階で達成するためにはそこにいたるロードマップが必要になります。あとはそれをこなすだけという形にしておくことが大切なので、具体的に取り組める形にまで落とし込んでおくことが必要となります。

2. 最短距離を進む

 一度その計画を遂行するために動き出したなら、とにかく最短距離で目標にまで突き進むことが必要です。途中で判断に迷ったり考え込むようなことがあってはなりません。そのためには、計画を立てる段階で考えられる限りのリスクと、それに対する対策を洗い出しておきます。

 もし途中で何かトラブルが発生したならば、予備に作っておいた道に切り替えられるようにしておきます。そして、早いうちに本来の計画していた道に戻るようにします。作業が止まる時間を無くすことと、余計なことに費やす時間を減らす方法をとることが大切です。

3. 完成度は求めない

 目標とすることの内容にもよりますが、とにかく早くに目標達成するためには、何かしら犠牲にするものを決まなければなりません。そこで、最終的に目標を達成した時点での完成度を求めないようにします。

 そこにこだわり始めてしまうと、時間はいくらあっても足りなくなりますし、早い段階という目標を達成することはできません。あれもこれもと欲張らないようにして、他にも削れるものがあれば削るようにします。

4. 割り込み作業を入れない

 とにかく今の自分の状況を周りに伝えて、割り込みの仕事などを入れないようにします。一点集中しなければなりませんから、気が削がれるようなことも排除しなければなりません。そのためには、周囲の協力が必要不可欠です。

5. 不要なものを削る

 なるべく早い段階で目標を達成するためには、何ができるかというよりも何を削るか、犠牲にするかを洗い出す作業が必要になります。できることは限られているので、何をしないかという思考が必要となってきます。

6. 集中出来る環境を作る

 そして忘れてはいけないのは、集中できる環境を作るということです。無駄な時間を排除しても、集中力が続かなければ意味がありません。そのためには自分の作業サイクルも把握しておいて、どの時間帯ではどんな作業が効率良く進むのかといった戦略的な方法をとることも必要になってきます。それに合わせて、洗い出した具体的な作業を埋め込んで最大限効率を高めることも必要です。

 以上が、早い段階で目標達成するため方法として知っておくべきことです。この他にも決めたゴールよりもずっと前に締め切りを意識することも有効です。水泳ではゴールを意識したとたんにスピードが落ちると言います。ゴールのそのさらに先を意識することでスピードを落とさずに泳ぎきれるとのことです。目標達成もそれと同じような意識を持つことが大切でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する