1. 面談の効果を120%に!部下との面談前に準備したいチェックシートの作り方

面談の効果を120%に!部下との面談前に準備したいチェックシートの作り方

by blinkingidiot
 部下との面談はお互いにとって大変貴重な時間です。限られた時間を有意義に使い、お互いが思いのたけを十分に伝えあえる面談の場にするためには、事前準備が欠かせません。その方法の一つとして有効なのが、面談用チェックシートの作成です。以下で、チェックシートの狙いと準備すべきこと、チェックシートの内容を紹介します。

チェックシート作成の意義と面談の事前準備

 チェックシートは、部下に聞いておきたい内容を項目化することで、対話の内容漏れをなくすのが目的です。エクセルで聞くべき点とチェック欄を設けた表を作ると良いでしょう。それだけでなく、個人ごとに聞きたいことがあればそれもまとめておきます。

 ある程度の内容を考えたら、面談の時間を大まかに割り振ります。チェックシートに関する質問、上司から部下への仕事の評価、個別の質問を受け付ける時間、予備の時間の四つに時間を分けましょう。これで、無駄や漏れのない面談ができるはずです。

チェックシートに入れるべき内容

 チェックシートには、次の内容を組み込みましょう。

  1. 普段の仕事に関する内容
 2. 給与や勤務状況といった処遇に関する内容
 3. 上司やチームメンバーとの仕事のやり方

 これらをベースに、仕事の内容やあなたが知りたいことに応じてチェック内容を細分化しましょう。例えば、1なら、現在の仕事に関する上司の評価、現時点の仕事に対する部下自身の満足度合い、現時点の仕事を通じ上司が思うプラスとなった点、仕事に対する希望などです。

 2なら、現在の給与や処遇に対する満足具合、勤務状況について(遅刻がないか等)、有給休暇がきちんと取れているか、といった点です。

 3に関しては、上司やチームメンバーとの人間関係は良好であるか、お互いきちんとコミュニケーションを取りながら仕事が出来ているか、職場以外でも交流を図っているか、といった点です。


 いかがでしょうか。チェックシートは人によって質問内容が変わることを防ぐのが目的です。そのためには、予めあなたが何を知りたいのかを明確にした上で質問項目を考える必要があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する