1. めげずに仕事に打ち込もう!上司に「使えないな」と言われた時の対処法

めげずに仕事に打ち込もう!上司に「使えないな」と言われた時の対処法

by paul bica
 仕事をしていれば、ときには失敗をしたり、思うように進まなかったりすることもあるでしょう。そんなとき、上司から「使えない」と言われてしまったらとても辛いですね。では、上司に「使えないな…」と言われた時にはどのように対処していけば良いのでしょうか。

1. 反省点を探す

 上司に「使えない」と言わしめてしまった原因は何でしょうか。ミスをした、仕事が遅かった、失礼な態度をとってしまった、失敗が重なった等々、様々なケースがあるでしょう。もし自分で思い当たる事由があるのなら、素直に反省し、上司に謝罪をしましょう。

 もし思い当たることがない場合は、辛くても上司に理由を尋ねてください。自分の悪いところを理解し、反省することで、人は成長することができるのです。上司から面と向かって「使えない」などと言われたら誰だって傷付くでしょうし、とても悲しいことでしょうが、前向きな気持ちを持って謙虚に受け止めてください。あなたの仕事ぶりが改善されれば、上司ももうこんなことは言わなくなる筈です。

2. 仕事で挽回

 自分の問題点に気付いたら、後はそれを改善し、前向きに仕事に取り組むのみです。仕事の失敗は仕事で埋め合わせましょう。上司のご機嫌をとろうとして媚びたり、言われたことをいつまでも根に持って上司に対して刺々しい態度をとったりしてはいけません。言われたことは潔く受け入れ、今後の仕事に生かすくらいの気概が必要です。

 自分ひとりでは上手くいかないという場合には、先輩や同僚、いっそのこと「使えない」と言ってきた上司本人に相談をしてみるのも良いでしょう。あなたの前向きな努力を見て、上司も考えを改めるかも知れません。上司にもう二度と「使えない」なんて言わせないように、真剣に仕事に取り組みましょう。

3. 気にしない

 基本的に、部下を育てるのは上司の役目です。従って、部下であるあなたを使える人材に育て上げることも上司の仕事の内なのです。そのため、真剣に仕事に取り組んでいる部下に向かって「使えない」などと口にするような上司は、自らの無能さをひけらかしているようなものです。あなたの仕事に対する姿勢に怠慢があって、上司があなたに発破をかけるためにわざとこう言ったのでない限りは、こんなことを言う上司本人のほうに問題があるのです。

 もし、人前で必要以上に扱き下ろされるなど悪質な場合は、信頼できる人に相談をしてみてください。あなたが悩む必要はありません。失敗を充分に反省し、対策を考えたのなら、あとは気にせずに忘れて、前向きな気持ちで仕事を頑張っていきましょう。

まとめ

 以上、上司に「使えないな…」と言われた時の対処法について3つのポイントをまとめてみました。言われて気持ちのいい言葉でないのは明白です。原因となる事柄があるのなら反省と改善が必要ですが、こんなことを言う上司のほうにも問題があります。あまり落ち込まずに、真摯に仕事に打ち込みましょう。あなたの頑張りをきちんと見ていてくれる人もいる筈です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する