1. 仕事で挫けないメンタルを"超"短時間で手に入れるための2つのトレーニング方法

仕事で挫けないメンタルを"超"短時間で手に入れるための2つのトレーニング方法

by Tambako the Jaguar
 出来るビジネスマンほどちょっとやそっとの失敗ではくじけない強いメンタルを持っているものです。メンタルは仕事をするためのモチベーションの源であり、パフォーマンスを左右する大きな要因です。どんなに仕事の実力があるビジネスマンでも、ちょっとの失敗で落ち込んでしまうような弱いメンタルでは、安定して仕事の実績を積み重ねていくことができず、いつまでたっても大きな仕事を担当することはできません。

 プレッシャーを克服し、仕事で挫けることのない強いメンタルを手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか。今回は、仕事で挫けないメンタルを短期間で手に入れるためのトレーニング方法を紹介します。

1.イメージトレーニング

 仕事で成功した時の良いイメージを思い浮かべることで前向きな気持ちを作り出し、高いモチベーションで仕事に当たることができるメンタルを作り上げるトレーニングです。成功した時のイメージを強く思い描くことができれば、たとえ失敗したとしてもすぐに次のチャンスを目指して、仕事に復帰することができるようなメンタルを持つことができます。

 イメージトレーニングはスポーツ選手やアスリートにも広まっている基本的なメンタルトレーニングであり、失敗を恐れるあまり失敗を繰り返してしまう様な悪循環を断ち切りたいときにオススメのトレーニングです。仕事の合間や日常生活の隙間時間にできるトレーニングなので、短期間でも効率よくトレーニングできます。

2.セルフチェックトレーニング

 自分自身のことを見つめ直し、正確に認識することでメンタルを鍛えるトレーニングです。仕事で挫けてしまう原因は、自分では当然できると信じていた仕事を失敗してしまったことが要因になっている場合が多いです。この原因は仕事の難易度が予想よりも高かったか、自分自身を高く評価しすぎていたかということに由来しています。

 自分自身を高く評価しすぎると、難しい仕事をできて当然と考えてしまい、失敗した時に落ち込んでしまうことになります。うぬぼれが過信を生み、仕事の難易度を誤認してしまった時に仕事にくじけてしまうのです。

 こういった失敗を防ぐには、自分自身のことを正確に知るセルフチェックトレーニングが有効です。自分のいいところも悪い所もひっくるめてありのままの自分を受け入れることができれば、過信やうぬぼれを避けることができるようになり、実力以上の仕事に失敗しても、くじけてしまうことが無くなります。


 仕事で挫けないメンタルを手に入れるためには、正しい方法でトレーニングを行う必要がありますが、自分勝手な判断でメンタルトレーニングを実行すると、効果が無いばかりでなく帰ってメンタルを弱めてしまう可能性がありますので注意しましょう。

 メンタルの強化に成功すれば、仕事の質を高めてより効率の良い働き方が実現します。正しいトレーニングを行って、強いメンタルを手に入れましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する