1. 出世が早い人は知っている!上司が優秀だと思う部下の共通点

出世が早い人は知っている!上司が優秀だと思う部下の共通点

出世が早い人は知っている!上司が優秀だと思う部下の共通点 1番目の画像

 同時期に入社しても、次第にその差は広がり、いつの間にか高い地位にまで出世する人がいる。

 出世が早い人は能力に加え、上司に評価される素養があったために出世したのだ。

 それでは、上司から優秀に見える部下とはどのような力を持った人なのだろう。

出世が早い人の共通点①高いモチベーション

出世が早い人は、モチベーションを高く持ち続け、成長が早い

 優秀な部下は、モチベーションが高く成長意欲が旺盛だ。モチベーションが高いため、教えた事を次々と吸収して成長していく。

 また、ストレスや挫折にめげることなく、ある程度の仕事の基礎知識を吸収すると、自分で仕事を見つけられる。

 たとえ優秀な部下でも、もちろん最初のうちは教えることが多いことだろう。

 しかし、すぐに手取り足取り指導する必要がなくなることは出世が早い人の特徴といえるだろう。

出世が早い人の共通点②高いコミュニケーション能力

出世が早い人は、大きなミスを起こしにくく、人間関係を築くことがうまい

 高いコミュニケーション能力を持っているのが優秀な部下の特徴だろう。

 仕事の邪魔をしないように、上司の仕事の合間をみて報連相を行うため、上司は自分の仕事を邪魔されることなく部下の仕事状況を把握できる。

 何か問題が発生した場合でも、比較的早くその問題の存在を知ることができ、問題が小さい内に解決するのだ。

 また、優秀な部下は適度に個人的な相談も行うため、上司も親近感を抱きやすい。それにより、その部下は人間的にも評価されやすい。

出世が早い人の共通点③上司の視点で物事を見られる

出世が早い人は、相手の目線に立って考えられる

 優秀な部下は、上司の視点で物事を見ることができる。

 上司にすべてを指示されてから動くのではなく、上司が考えていることを想定して自発的に仕事に取りかかるということだ。

 仕事を行うときにも、優先順位を理解して取り組むので、すべての業務に時間をかけて仕事をすることがない。上司にとっては、このような部下は重宝するだろう。


 以上の「モチベーション・コミュニケーション能力・上司の視点で考えられること」が上司から見た優秀な部下に共通する3つのポイントだ。

 しかし、これらは少し意識すれば誰でもできること。上司から高い評価を得たい人は、ぜひ本記事を参考に職場で試してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する