1. 普段の仕事からもわかる!リーダーシップがある人に共通する行動

普段の仕事からもわかる!リーダーシップがある人に共通する行動

by Leonard Bentley
 いろいろな場所でリーダーシップの必要性が叫ばれています。しかし、真にリーダーシップがある人とはどのような人なのでしょうか。実はそれは普段の行動から分かります。リーダーシップのある人に共通する行動を見てみましょう。

メンバーの個性を理解して話す

 リーダーに必要な要素の一つは、チームのメンバーをよく理解していることです。ただやみくもに指示を与えるだけでは良いリーダーとは言えません。メンバーの個性に適した指示を与え、それを上手く統括するのが優れたリーダーなのです。そのため、リーダーシップを持つ人は普段からメンバーの個性を把握している必要があります。普段から個人個人に配慮した仕事や会話ができる人が、リーダーシップのある人なのです。

メンバーの意見を集約している

 リーダーはただメンバーに指示を出すだけではいけません。時にはメンバーの意見に耳を傾け、それを基により良い方向に舵を切るのがリーダーの役割なのです。そのため、人の話をしっかり聞ける人がリーダーに向いています。ただ話が聞けるだけでなく、それを要約してそれぞれの意見の違いや共通点までとらえてこそ、リーダーシップを持ち合わせていると言えるのです。


 いかがでしょうか。以上が普段の仕事から分かるリーダーシップのある人に共通する行動です。ただ声が大きいだけではリーダーは務まりません。メンバーのことを理解し、大切にしてこそのリーダーなのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する