1. 「了解」という言葉は上司に対して使って良いもの?間違えがちな上司にしてはいけない言葉遣い

「了解」という言葉は上司に対して使って良いもの?間違えがちな上司にしてはいけない言葉遣い

by visualpanic
 せっかくあなたが上司に対して気を使って言葉を発しても、それが失礼にあたる言葉だったら?と思うとちょっと怖いですね。今回はビジネスなどでの言葉使いで意外に知らない人が多い、間違えがちな上司にしてはいけない言葉遣いについて見ていきましょう。

1. 「了解です」「了解しました」はNG

 了解しましたとすれば若干丁寧な感じはでるものの、上司に使うべきではありません。というのも「了解」という自体に尊敬の意味が全く含まれていないのです。この言葉は「了解しました」などしましたをつけることによって若干丁寧な言い方には聞こえるときもありますが全く「尊敬語」にはならないのです。

 顧客の依頼に対してや、上司などの目上の人には了解しましたではなく、「かしこまりました」「承知いたしました」と言う言葉を使うようにしましょう。

2. 「お疲れ様です」は注意して使いたい言葉

 帰るときに、お疲れ様ですと言うのは言ってしまいがちな言葉ですね。ですが、これは上司などの目上の方を部下が評価しているように聞こえることもあります。上司には「お疲れ様です」ではなく、また、これを使うにしてもその後で「お先に失礼いたします」や「お先に失礼します。」などという言葉を足して使うようにした方がよいでしょう。

3. 「ご苦労様です」はNG

 こちらは完全にNGな言葉です。昔の人は部下や家来に対して、「ご苦労」という言葉を使っていました。上司などの目上の人が部下などの目下に使うねぎらいの言葉ですので、目下の部下であるあなたがもし使った場合、大変失礼な言葉になってしまいますので注意が必要でしょう。

まとめ

 今回はビジネスなどでの言葉使いで意外に知らない人が多い、間違えがちな言葉遣いについて見ていきましたが、うっかり使ってしまっている言葉はなかったでしょうか。日本語は敬語や尊敬語、謙譲語などちょっとややこしいことがありますが、それらをきちんと使い分けてこそ真のビジネスマンです。他の人と差をつけるためにもしっかり覚えて使いこなせるようにしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する