1. 部下に慕われる上司になるために!褒める言葉を使う時のポイント

部下に慕われる上司になるために!褒める言葉を使う時のポイント

 部下を指導する中で重要なのが、部下を褒めることではないでしょうか。しっかりと褒める言葉をかけることで、部下も成長していくでしょう。ここでは、部下に褒める言葉をかけるときのポイントを紹介します。

いいことがあったらすぐに誉める

 部下がいいことをしたときにはすぐほめることが重要です。記憶が強いうちに褒めることが重要で、人が覚えているうちに褒めたほうが記憶に残りやすいのではないでしょうか。逆に、あまりに時間がたってから誉めると、そのことを忘れてしまっていますから、誉めても効果が低くなってしまいます。部下がいい報告をしてくれたときはすぐに褒めましょう。

間違いもあった時にはフォローとして後で誉める

 間違いやミスの後に褒めるのも部下を指導する上では重要です。心理学の実験で、いい印象を与えるためには、批判をしたあとに褒めたほうがいいというものがありました。ミスに対して叱責してしまった後には、しっかりとフォローの意味も込めて、褒める言葉をかけてあげましょう。

具体的に褒める

 褒める言葉にも注意しなければなりません。抽象的な褒め方を続けていくと、相手も、なぜ褒められているのかがわかりにくいです。具体的に褒めることで、その行動を継続して行うように働きかけることができます。


 ここでは、部下に対して褒める言葉をかけるときのポイントを紹介しました。褒めるポイントを押さえて、部下に慕われる上司を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する