1. 頼られる上司とはこういう人物だ!部下から信頼されるために気をつけたい3つのこと

頼られる上司とはこういう人物だ!部下から信頼されるために気をつけたい3つのこと

by JosephSardin
 いつの世の中でも、上司の方々は部下に対してどのように接していけばいいのかということを悩み、部下への信頼を得るために、様々な努力をしているのではないでしょうか。そのような悩みの中で、どうにかして部下からの信頼を勝ち取りたいと思っている人もいらっしゃることでしょう。

 ですので、今回は部下への信頼を勝ち取るために気をつけたい、部下への接し方について紹介していきたいと思います。

1.頭ごなしに価値観を押し付けない

 まず第一に大切なのが、頭ごなしに押し付けないことです。上司の中には、相手に有無を言わせず一定の考え方や行動を押し付ける方がいます。そういったやり方だと、部下は説明しても納得してもらえないことや、一方的な物事の押しつけに違和感を覚える可能性があります。特にキツイ言動だと余計にそのような状況に陥りやすいでしょう。

 自分の指導の仕方は間違っていないか、もし自分が部下だったらどう思うかを常に考えるということが、信頼を勝ち取るために始めに気をつけたいことになります。

2.部下と積極的にコミュニケーションを取る

 その次に重要なのが、部下と積極的なコミュニケーションを取る事です。部下に対して興味関心を持って接すれば、相手もそれを返してくれます。そして部下に期待を寄せれば、その部下は素晴らしい成果を挙げることもあるかもしれません。

 そして、積極的にコミュニケーションを取るということは、ただの上司と部下という関係以上の深い絆が生まれることになります。ですので、相手からより強い信頼を勝ち取りたいのであれば積極的に部下とコミュニケーションを取りましょう。

3.好き嫌いで相手を見ない

 そして最後に、好き嫌いで部下を見ずにできる限り公平な目線を持つことが重要です。上司が自分の好き嫌いを職場に持ち込んでしまうと、部下からの信用はガタ落ちです。確かに、人によって好き嫌いがあるのは仕方のないことですが、職場では公平な目線で部下の働きぶりを評価してあげましょう。そうすることで、部下からも信頼される上司になることができるはずです。


 以上3つ紹介してきましたが、一番重要なのは部下を信頼することです。相手を信用して初めて自分も信用されるようになります。以上のことを肝に命じて、部下から信頼され頼られるような素晴らしい上司になっていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する