1. 嫌な上司がいても気にせず仕事をしよう!ウマが合わない上司との関係を保つための方法

嫌な上司がいても気にせず仕事をしよう!ウマが合わない上司との関係を保つための方法

by tropicaLiving - Jessy Eykendorp
 上司も人間です。やはり人間によっては合う合わないというものがあるようです。今回はウマが合わない上司と良い関係性を保っていくための方法について見ていきましょう。

相手を否定する気持ちを捨てる

 ウマが合わないなと部下であるあなたが思っていた場合、大体は上司もウマがちょっと合わないなと感じていることが多いです。こういう時にはお互いの価値観や考え方を尊重することが大切です。自分とは違う考え方でも、それが間違っているとは限りません。自分の合うように相手を変えようとしても仕方がないです。まずは、そういう考えの人もいるのだな、と相手を認めて尊重することから始めましょう。

自分を変える必要はない

 相手を尊重するということは同じく自分も尊重するということです。なので、もし上司があなたにケチをつけてきても表面上はいうことを聞いておいて、裏では好きなようにしていると良いでしょう。無理に自分を変える必要はありません。

 ただし、上司は上司の視点からあなたを注意しています。もしかしたら、あなたが気付いていない欠点に上司が気付いているのかもしれません。そのため、時には上司が起こっている真意を確かめてみるのも悪くないでしょう。

 
 いかがでしょうか。やはり表面だけを見て、嫌な上司と思いこんでしまうとそれ以上の関係を築くのは難しいでしょう。自分も相手も尊重した上で、余裕があるときには少し歩み寄る努力をしてもいいかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する