1. 目を掛けてもらえる人にはある共通点が!上司に可愛がられる部下の3つの特徴

目を掛けてもらえる人にはある共通点が!上司に可愛がられる部下の3つの特徴

by Tambako the Jaguar
 「仕事は手を抜かずに、いっしょうけんめいやっているのに、上司から可愛がられない」というタイプの人がいます。「必ずしも成績優秀ではなく、時にはミスも犯す。それなのに上司から可愛がられている」という人もいます。その違いはどこにあるのでしょうか。ここでは「上司に可愛がられる部下」に共通する3つの特徴を紹介します。

1.密なコミュニケーションを積極的にとる

 まず挙げられる特徴が、上司と密なコミュニケーションを取る、ということです。上司にとって、仕事ができるできないに関わらず、積極的にコミュニケーションを取る部下というのは可愛いもの。逆に、それを怠ったり、軽視したりする部下は、成績がいくらよくても疎ましく感じられるのです。

 ポイントは「相談」です。上司に可愛がられる部下になりたいと思ったら、仕事の内容や判断、悩みなどを上司に相談しましょう。ただし、その場合、相談の仕方も大切です。「困っています、助けてください」というような持ち掛け方は好ましくありません。「自分はこう思っているのですが、自信がありません」とか、「自分ではこう判断しているのですが、それが正しいかどうか、ご教示ください」といった、「答えやすい相談の仕方」これが可愛がられる部下になる秘訣です。

2.プライベートの話も積極的にする

 上司との間に必要なコミュニケーションは、なにも仕事に関するものばかりではありません。可愛がられるタイプの人は、プライベートの話も上司に積極的にする、という特徴があります。仕事を離れて人間らしい会話をすることで、上司はより親密な感情を持ちます。時にはプライベートに関する悩みを、上司に打ち明けてみましょう。そのことによって、人間関係は深化し、「心のつきあい」が生まれるのです。

 それとも関連しますが、アフター5のつきあいの良い部下のほうが、そうでない部下よりも可愛がられる傾向があります。多くの上司が部下との間に「人間らしいつきあい」を求めているからです。

3.仕事に対して強い意欲を持っている

 そして、もう1つの特徴が、仕事に対するモチベーションの高さです。少々ミスが多くても、「やる気」のある部下を、上司は可愛いと感じるもの。というのも、強い意欲を持っている部下は、指導の仕方しだいでいくらでも成長させることができるからです。「自分の教育で部下を成長させた」というのは、上司として大変うれしい成功体験ですから、上司はその部下に対して「可愛い」という感情を抱くわけです。

 仕事ができて、完成されているビジネスマンより、未熟で「のびしろ」の大きな部下の方が可愛がられると考えていいでしょう。


 以上3つの特徴を紹介してきましたが、ひとことで言うならば「人間性を強く感じさせる部下ほど、可愛がられる傾向がある」ということになります。一番いけないのは、上司に気に入られようとして「おべっか」を使うこと。人生経験豊かな上司は、そうした「下心」を見抜き、部下の人間性を不快に感じてしまうからです。ですので、上司に可愛がられるよう、積極的に上司とのコミュニケーションを取っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する