1. 目を掛けてもらえる人には共通点が!上司に可愛がられる部下の3つの特徴

目を掛けてもらえる人には共通点が!上司に可愛がられる部下の3つの特徴

目を掛けてもらえる人には共通点が!上司に可愛がられる部下の3つの特徴 1番目の画像

 「手を抜かずに、一生懸命に仕事しているのに上司から可愛がられない」というタイプの人が一定数いる。

 一方で「必ずしも成績優秀ではなく、時にはミスもする。しかし上司から可愛がられる」という人もいる。

 その違いはどこにあるのだろうか?

 そこで今回は「上司に可愛がられる部下」に共通する3つの特徴について見ていきたい。

上司に可愛がられる部下の特徴①:密なコミュニケーションを積極的にとる

本記事のまとめ

  • 特徴①:密なコミュニケーションを積極的にとる
  • 特徴②:プライベートの話も積極的にする
  • 特徴③:仕事に対して強い意欲を持っている

 まず一つ目に挙げられる特徴が、「上司と密なコミュニケーションを取る」というもの。

 上司にとって、仕事ができるできないに関わらず、積極的にコミュニケーションを取る部下というのは可愛いもの。

 逆に、上司とのコミュニケーションを怠ったり、軽視したりする部下は、成績がいくらよくても“親しみやすさ”や“人懐っこさ”を感じないのだ。

上司とコミュニケーションをとりたい人は「相談」から始めてみよう

 上司とのコミュニケーションのポイントは「相談」。

 上司に可愛がられる部下になりたいと思ったら、仕事の内容や判断、悩みなどを上司に相談してみよう。

 ただし、上司に可愛がられる部下になりたいならば、相談の仕方も重要になってくる。

 単に「困っています、助けてください」というような相談の持ち掛け方は好ましいものではない。

 何故なら、部下が「どんなことで困っていて、何で躓いているのか」がわからず、上司にとって答えづらい相談になってしまっているからだ。

 「自分はこう思っているのですが、自信がありません」「自分ではこう判断しているのですが、それが正しいかどうかご教示ください」

 下記のように、「上司が答えやすい相談の仕方」をするのが可愛がられる部下になる秘訣だと覚えておこう。

可愛がられる部下はやっている! 上司への「相談の持ちかけ方」の例文

  • 「自分はこう思っているのですが、自信がありません」
  • 「自分ではこう判断しているのですが、それが正しいかどうかご教示ください」

上司に可愛がられる部下の特徴②:プライベートの話も積極的にする

 上司との間に必要なコミュニケーションは、なにも仕事に関するものばかりではない。

 可愛がられるタイプの人は「プライベートの話も上司に積極的にする」という特徴がある。

 仕事を離れて人間らしい会話をすることで、上司はより親密な感情を部下に対して抱くのだ。

 時にはプライベートに関する悩みを、上司に打ち明けてみよう。そのことによって人間関係は深化し、「心のつきあい」が生まれるのだ。

上司のアフター5に付き合ってみる

 また、アフター5の付き合いが良い部下は、そうでない部下よりも可愛がられる傾向にある。

 仕事では厳しい上司も、あなたと同じ“人間”だ。多くの上司が、部下との間に「人間らしいつきあい」を求めているだろう。

 もちろん、就業時間を終えたら、あなたが好きなように過ごしても何ら問題ない。しかし、“少し苦手かもしれない”という上司のいる飲み会に、月1回くらい参加してみるのもいいだろう。

 仕事上では見れない上司の姿や、なかなか聞けないプライベートの話など、今までの上司に対する印象を覆すものを得られるかもしれない。

上司に可愛がられる部下の特徴③:仕事に対して強い意欲を持っている

 上司に可愛がられる部下の3つ目の特徴が、「仕事に対するモチベーションの高さ」だ。

 少々ミスが多くても、「やる気」のある部下を上司は可愛いと感じるもの。

 というのも、強い意欲を持っている部下は、指導の仕方しだいでいくらでも成長させることができるからである。

「部下の成長」は「上司の成功体験」と同じ

 「自分の教育で部下を成長させた」というのは、上司にとって喜ばしい成功体験だ。

 成長意欲がある部下が、上司の指導によってきちんと成長した場合、上司はその成功体験から部下に対して「可愛い」という感情を抱くだろう。

 仕事ができて、完成されているビジネスマンより、未熟で「のびしろ」のある部下はより一層“可愛がられる”のだ。


 上司に可愛がられる部下に共通する3つの特徴を紹介してきたが、ひとことでその特徴をまとめるならば「人間性を強く感じさせる部下ほど、可愛がられる傾向がある」ということだ。

 反対に、上司に気に入られようとして「おべっか」を言うことは、むしろマイナスな行動である。何故なら、人生経験豊かな上司は「下心」を見抜き、部下の人間性を不快に感じてしまうからだ。

 上司に可愛がられたいのであれば、飾らずに積極的に上司とのコミュニケーションをとることを心がけてほしい。

 まずは明日から、本記事で紹介した「相談」から始めてみてはいかがだろうか。きっとあなたの態度の変化に、上司も「お?」と期待を持ってくれるはずだ。




会社の人間関係に悩んでない?自分に合った企業に転職するなら「type転職エージェント」

目を掛けてもらえる人には共通点が!上司に可愛がられる部下の3つの特徴 2番目の画像

 上司とソリが合わなかったり、上司や同僚の雰囲気が合わなかったりと、会社内の人間関係に悩む人も多い。

 多くの時間を費やす仕事場だからこそ、社風や人間関係も自分に合った企業を選びたいところ。

 7割以上もの転職者の年収アップ成功実績をもつ転職エージェント「type転職エージェント」では、「もっと自由な社風の企業に転職したい」「国際的な意識を持つところがいい」「社員数の少ない、こじんまりしたところで働きたい」など、転職先の要望を専任のアドバイザーが聞き、適性に応じた求人を紹介してくれるため、人間関係の悩みも減りやすいのだ。  

 人間関係がなかなかうまくいかずに悩んでいる人は、一度「type転職エージェント」に登録してみるといいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する