1. まずは自分の行動を振り返ろう!上司と相性が合わないと感じたときに変えたい考え方

まずは自分の行動を振り返ろう!上司と相性が合わないと感じたときに変えたい考え方

 様々な上司の下で仕事をしてきたが、どの上司も自分の考えと合わないという不満を抱えているビジネスマンの方も多いのではないでしょうか。不満を抱える前に、なぜ、どの上司も合わないと感じたのか原因を探る必要があるでしょう。ここでは、上司との相性が合わないと思う人が変えるべき考え方を紹介します。

自分の弱点ばかり突いてくる

 どの上司も自分の弱点ばかり突いてくると思ったことはないでしょうか。そのような、自分に足りないことを指摘されたときは、反発したくなる気持ちもあるでしょう。しかし、上司に指摘されるということは、大きな欠陥を抱えている部分であるかもしれません。自分で改善できるところはないのか模索してみましょう。

上司の言動に賛同できない

 上司が毎回自分とは別の意見を言ってくるため、賛同できないという方も要るでしょう。上司としては、1つの意見に偏ったりしないために別意見を出したり、経験上その意見では通用しないということを理解している場合があります。上司の意見も上手に取り入れ、成長することが求められます。

上司の指示があやふやすぎる

 具体的な指示が欲しいのに、上司からは、抽象的な意見や指示しか出てこない場合もあるでしょう。このような場合は、上司のタイプと自分のタイプが違うことを理解しましょう。考え方が正反対だからこそ、話し合いをすることで、よりよいアイデアが生まれるかもしれません。


 ここでは、上司との相性が合わないと思ったときに変えたい考え方を紹介しました。上司とあなたが合わない場合は、改善点を自分にも見出すことが重要です、しっかりと、見直しを図りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する