1. こんな指導方法もあったのか!部下を育成する上で読んでおくべき本

こんな指導方法もあったのか!部下を育成する上で読んでおくべき本

 部下の育成は上司の大きな役割の1つと言えるでしょう。部下を大きく育成することで、会社の成長にも貢献することができるのではないでしょうか。ここでは、部下を育成するときに読むべき本を紹介します。

絶対達成する部下の育て方

 部下をどのように指導していけばよいのかとお悩みの上司の方にお勧めの一冊です。客観的に見て納得するだけではなく、自分がどう動けば良いのかが分かる本となっています。チームとして目標を絶対に達成したいという方は、確実に読んでおきたい1冊でしょう。

100回言ってもできないダメ部下を動かす上司の言葉

 部下を動かすということが上司には必要なスキルとなっていますが、部下に対しての言葉のかけ方でも大きく部下の成長は変わります。部下のポテンシャルを最大限に上げるための人を動かす秘訣がこの本には書かれています。仕事ができない部下に悩まされている上司の方は読むべき本と言えるでしょう。

一流の上司、二流の上司

 こちらは、トリンプの元社長である、吉越浩一郎氏によって書かれた本です。上司として、最低限やるべきことだけではなく、一流の上司になるためにすべきことが分かる本となっています。上司としてステップアップしたい方は必読の1冊です。


 ここでは、部下の育成をするときに読むべき本を紹介しました。部下の育成は手がかかりますが、上司としての腕の見せどころでも有ります。本を読み、自分の指導に活かしてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する