1. 【つらい気持ちをぐっと抑えて】部下に解雇を通告するときに気をつけたいこと

【つらい気持ちをぐっと抑えて】部下に解雇を通告するときに気をつけたいこと

 上司としての仕事として、部下に解雇の通告をしなければならないときもあるでしょう。非常につらいことですが、上司として、しっかりと職務を果たす必要があるのではないでしょうか。ここでは、部下に解雇の通告をするときに気をつけたいことを紹介します。

理由ははっきりと

 部下を解雇する時ですが、理由がはっきりとしないのでは納得のしようがないでしょう。解雇の通知書があればいいのですが、ない場合でも、きちんと説明できるように、自分の上司や、会社にきちんと説明を求めておきましょう。

部下に対して謝らない

 部下に対して謝らないというのも重要なポイントでしょう。上司であるあなたが「すまない」と謝ったところで、問題が解決するわけではなく、また、責任の所在が不明確になってしまいます。つらい気持ちはわかりますが、ドライに、解雇の通告をするのがベストと言えるでしょう。 


 ここでは、部下に解雇の通告をするときに気をつけたいことを紹介しました。上司としての職務を果たすためにも、なるべくドライな対応をすることが求められるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する