1. 嫌いでも上司としての責務は果たすべき!嫌いな部下と上手に付き合うための方法

嫌いでも上司としての責務は果たすべき!嫌いな部下と上手に付き合うための方法

 上司として部下の指導に当たるビジネスマンの方のなかで、どうしてもそりが合わない嫌いな部下というのに対面してしまった方も多いのではないでしょうか。たとえ嫌いな部下であっても、上司としてしっかりとコミュニケーションを取らなければなりません。ここでは、嫌いな部下と上手に付き合うための方法を紹介します。

客観的に評価する

 嫌いな部下を評価するときは、なかなかうまく評価を下すことができません。それは、主観が評価に含まれているからではないでしょうか。上司として、評価をするときは、客観的かつ冷静に評価をしなければなりません。仕事の出来だけを見て評価をするようにしましょう。

背中で引っ張る

 上司としての働きとして、自分が動くことで、その動きを参考にしてもらい、手本になるという方法があります。嫌いな部下とは、なかなかコミュニケーションもうまく取れないという方は、まず自分が行動し、その行動を部下に示すことで、自分の上司としても職務を果たすようにしましょう。

的確な指示を与える

 的確に指示を与えるのも重要なことです。嫌いな部下に対しては、なかなか指示も出しにくく感じてしまいますが、しっかりと指示を出さないと、仕事としてのコミュニケーションは成立しません。的確に指示をするようにしましょう。


 ここでは、嫌いな部下とうまく付き合うための方法を紹介しました。たとえ嫌いだからといって上司としての責務を放棄してはいけません。冷静に部下に対しての評価や指示を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する