1. 部下を尊重していいところを伸ばす!コーチングを用いて部下を指導するメリット

部下を尊重していいところを伸ばす!コーチングを用いて部下を指導するメリット

 部下の指導は上司の重要な仕事の一つですが、正しい指導方法も学ばずにただ頭ごなしに叱り飛ばしているだけでは有効な指導とは呼べません。最近注目を集めている指導法が「コーチング」と呼ばれる技術です。ここでは、コーチングを用いた部下の指導方法とメリットについて紹介します。

指導法としてのコーチング

 コーチングとは、部下と上司の対話によって自主性を引き出しながら自己実現や成長を促す指導術のことです。今までは、部下は上司の指示通りに動くことが良いとされており、部下がミスをしないようにマニュアルを教え込むことが正しい指導法とされてきました。コーチングが従来型の指導と大きく異なるのは、やり方を教えるのではなく、なぜそのやり方をするのかという理由まで教育することです。理由を教えることで部下はより高いレベルで仕事に対する認識を深め、表面的なやり方を覚えるだけではなくさらにその先まで考えた仕事ができるようになります。

応用力がある部下が育成できる

 コーチングを社員教育に導入する一番のメリットは、仕事に対する応用力が鍛えられることです。マニュアル教育は正しい仕事の進め方を早く覚えさえるためには非常に効果的ですが、想定外の事態や新しい仕事に対する対応力が低く、働き方が画一的になってしまうというデメリットがあります。コーチングによって育てられた部下は、想定外の事態に直面しても過去の教育内容を応用して自分なりの判断や工夫を実行することができるようになるでしょう。

リーダーシップがある部下を育成できる

 コーチングのもう一つのメリットが、リーダーシップの育成です。優秀なビジネスマンにはリーダーシップが不可欠ですが、リーダーシップに必要は判断力や決断力は画一的な社員教育では身に着けることができません。コーチングでは部下を尊重し、自主的な決断や判断を率先して行うことを奨励します。普段の仕事で判断力や決断力を発揮しながら仕事を進めていくようになるので、リーダーシップとして求められる資質を普段の仕事の中で磨いていくような働き方が身につくでしょう。


 ここでは、コーチングを用いた部下の指導方法と、コーチングのメリットを紹介しました。コーチングは、部下の主体性を尊重する指導法です。部下にも活躍の場を与えたい上司はぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する