1. 出張前の"マメ知識"!国内と海外の「Wi-Fi環境」の現状とそれぞれの対策

出張前の"マメ知識"!国内と海外の「Wi-Fi環境」の現状とそれぞれの対策

by Yutaka Tsutano
 出張する時に気になるのがWi-Fi環境です。何度も出張している人なら分かるかもしれませんが、Wi-Fi環境が無いと仕事に大きな支障をきたしてしまいます。案内にはWi-Fi環境完備と書いてあるのに、いざ行ってみたらスタッフに知識が無く、接続までに悪戦苦闘する羽目になった、という経験をお持ちの方も少なくないでしょう。

 Wi-Fi環境は、まだまだ十分に整備が行き届いているとは言えませんが、出張先のWi-Fi環境を調べておけば、仕事を効率よく勧めることが可能になります。今回は、出張時の国内国外別Wi-Fi環境における注意点について解説します。

国内Wi-Fi環境

 最近は随分と整備が進んできましたが、それでもまだまだWi-Fi環境が十分に整備されているとは言えません。出張先でwifi環境を利用するための手段は、いくつかありますが、それぞれ長所と短所があります。出張先でWi-Fi環境を利用する一つ目の方法が、キャリアが提供するWi-Fiサービスを利用する方法です。

 大手キャリアはそれぞれ独自のwifi網を構築し、サービスの利用契約者向けに提供しています。利用するためにはキャリアごとのWi-Fi利用プランに契約する必要がありますが、提供されているエリアも広いため、Wi-Fiを利用する機会の多い方にはオススメの方法と言えるでしょう。

 キャリアによっては、データ通信プランに標準で組み込まれている場合もあるため、追加料金なしでキャリアのWi-Fiを利用できることもあります。詳しいことはそれぞれのキャリアに確認してみてください。

 2つ目の方法が、店や企業が提供するWi-Fiを利用する方法です。ファストフードチェーンやカフェなどでは、利用客に対してWi-Fiを提供している店がありますし、漫画喫茶やネットカフェではWi-Fi利用が標準になっています。追加料金の有無は、店ごとに異なりますが、お茶を飲みながらWi-Fiを利用したいときにはオススメです。

 3つ目の方法が、無料で利用できる公衆無線LANサービスを利用する方法です。FREESPOTやセブンスポットが有名ですが、地域独自の公衆無線LANサービスを提供しているエリアもあるので、出張先に公衆無線LANサービスがあるかどうかを確認しておきましょう。

海外Wi-Fi環境

 海外ではWi-Fi環境が整備されている、とよく言われますが、必ずしもすべての国でWi-Fi環境が整備されているわけではありません。アメリカでも、Wi-Fiの利用は店の客のみ、という場所が多く、完全に無料で誰でも利用可能なWi-Fiはごく一部のみにとどまっているのが現実です。

 国ごとに通信環境は全く違うため、Wi-Fiを海外で利用したいのであれば事前にきちんと下調べをしておく必要があるでしょう。また、たいていの国では日本ほど通信環境が整っていないため、回線スピードが遅かったり途切れがちです。Wi-Fi利用を前提に海外出張するよりも、現地で格安SIMを購入してテザリングで対応する方が便利かもしれません。


 国内のWi-Fi環境は大都市圏では一定の環境が整備されていますが、少し地方に行くと全くWi-Fiが使えないということも珍しありません。海外でも事情は似たようなもので、空港とホテル以外は通信が全滅ということも珍しくありません。仕事でWi-Fiをどうしても使うのであれば、いくつか利用可能な方法をチェックしておく必要があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する